日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

事例

相続実務士が対応した実例をご紹介!

相続実務士実例Report

相続した保険金はどうするのが賢い?相続した保険金を不動産に替えた富田さん

[ご家族の状況]

依頼者   富田さん(40代・女性)・職業 無職
家族関係  配偶者(本人)、長男 、次男

 

 

[課題]夫が急死、今後のことが心配

まだ40代で、まさかこのように突然なでき事になるとは予想もしておらず、まだ二人の子どもも小さいうえに、専業主婦の自分が今後どうすればいいのか、とても不安になられてご相談に来られました。
それから先の老後のことまで考えるとどうしていいかわからないというのが正直な気持ちだということです。

富田さんのご親族は遠方におり、経済面でも精神面でも頼ることはできない状況で、夫が残してくれた財産で今後の生活の基盤をつくり、生活費を確保していく必要がありました。
幸いなことに現在住んでいるマンションは、夫が住宅ローンを組んで購入していましたので、団体信用生命保険が下りました。それで住宅ローンは全て返済できたのです。
住まいには困らない状態となりましたが、収入を得るためには富田さんが働く必要があります。ですが、小さい子どもがいるので、仕事を見つけることは簡単ではなさそうです。
かといって預貯金を切り崩していくと、いずれ底をついてしまうのではという不安があり、また、自分の相続のことも考えると対策をしておきたいという気持ちもあります。

 

[Step1]収入を確保するため、賃貸不動産を購入

夫の相続財産として退職金、生命保険が入りましたので、まとまった金額となりました。すぐに使う予定はないので、現金で収益を生む不動産への組み換えをする提案をしました。
毎月の家賃が入ることで安定収入となり、仕事ができるようになるまでの間の不安を解消することができます。富田さんはすぐに決断され、購入する収益不動産は立地の良いものを選び、主に長期的に運用できることを選んで購入しました。

 

[Step2]購入する不動産は分けられるように複数にする

富田さんには子どもが二人あり、将来の相続でもめることのないよう、2つの賃貸不動産を購入して、分けられるように配慮しました。
流通しやすい金額に分けて購入することで売却もしやすくなります。また、単身者用のものであれば、需要も多いと言えます。
現金を保有したままでは、相続ではそのままの評価となり、相続税がかかることがわかっていますので、現金で不動産を購入するとこにより、評価が圧縮され、相続税の基礎控除内の財産額とできる結果となりました。
定期的な家賃収入を得ながら節税対策ができ、遺産分割の対策にもなったことで富田さんの不安は解消できたのです。

 

◇賃貸不動産に組み換えによる評価減◇

現金・預貯金 5000万円で、収益不動産2箇所購入

①現金・預貯金 ▲5000万円
②購入マンションの評価額 2250万円 (購入金額の45%で評価)
   【合計】2750万円の評価減


★純資産価格
対策前 1億3600万円 → 対策後 1億 850万円


★節税額
 対策前の相続税額  1480万円
 対策後の相続税額   930万円 ▲550万円の節税

 【節税額】550万円

 

 

ご相談は夢相続へ

最初のご相談は無料です。
TEL:03-5255-3388
お気軽にお問い合わせください

 

 

コラム執筆

 

メールマガジン【相続実務士・実例Report Mail】登録はこちらから
(相続相談事例・セミナー開催・メディア出演情報などをお届け致します) 

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中