電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

週刊現代「時効になる前に気がつくべきカネ」特集が発売!

 

      

 

 

週刊現代12月1日号にて、「時効になる前に気がつくべきカネ」特集の

 

 

遺言書の時効について、代表の曽根がコメントしました!

 

 

遺留分は、10年過ぎれば請求ができないのです。

 

 

『偏った内容の遺言書であれば、とりあえず文書で遺留分請求しておくべき』ということですね!

 


そもそもきょうだいが円満であれば、あとから見つかった財産は遺言書ではなく、遺産分割してもいいのです!

 

 

みなさまの家庭はどうですか? 是非手に取ってみてください!

 

 

 

 

週刊現代のいままでの記事は下記よりアクセス! ↓↓

 


https://www.yume-souzoku.co.jp/m…/週刊現代%e3%80%802018年11月24日号/

 

 

 

 

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中