電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

事例

相続のあらゆる事例を実例にてわかりやすくご紹介!

夢相続実例Report

土地は義母名義。夫名義の家でも相続の時は明け渡しが必要?

 

◆土地が義母名義

Sさんが、義母の相続のときが気になると相談に来られました。

Sさんの夫は長男で、実家の敷地に別棟で家を建て、2人のこどもに恵まれて幸せに暮らしてきました。

夫には妹と弟がいますが、妹は他県に嫁いでおり、弟も仕事の関係で離れたところに住んでいます。

義父が亡くなった時には、義母が財産を相続しましたので、

建物は夫の名義ですが、土地は義母名義となっています。

 

◆母親の財産

今年になり、義母は脳梗塞を発症して動けなくなり、介護が必要になりました。

長男夫婦で看るようにするつもりが、娘のほうが介護しやすいとなり、

他県に住む妹が引き取って同居してくれています。

義母はすでに90代でいつ相続になるかもわかりません。

義母の財産は自宅と預金で、割合で言えば、自宅の評価が預金の倍近くなります。

今後、介護のために預金が減ることを考えると、自宅の土地が財産となります。

その土地には義母の住んでいた家とSさん家族の住む夫名義の家が建っていて

2軒分といえますが、縦長の敷地で分けにくい土地です。

 

◆相続になったら、家に住んでいられなくなる?

そろそろ義母の相続を考えないといけない状況なのですが、夫はのんびりしており、

財産はきょうだいで三等分すればいいと言っています。

土地のほうが価値が高いので、分けられなかったら売るしかないというのが

夫の考えのようで、相続になったら、夫名義の家でも住んでいられなくなり、

出て行かないといけないのかと不安になったということでした。

 

◆夫名義の家は義母の相続対象ではない

義母の財産は土地だけなので、夫名義の建物は義母の相続財産ではありません。

土地を分けることになっても、住んでいられなくなる状況にはなりません。

よって義母が亡くなったからといって、出ていく必要はないのですが、

しかし、土地はすぐには夫名義にはなりません。

妹弟たちと話し合いをして、相続する人を決めることになりますが、

妹も弟も自分たちの家があり、実家の土地を欲しいとはならないといいます。

 

◆夫が土地を相続するのが現実的

現実的な分け方を考えると、住んでいる夫が土地を全部相続し、

妹弟とは共有しないほうが問題が起こりにくいと言えます。

2人には現金を相続してもらい、不足分を夫が代償金として払うことが必要となりますので、

いまから金額の目安を話し合っておくことが必要でしょう。

代償金を用意できない場合は、売却して分け合うことも選択肢となるかもしれません。

 

◆家は子供たちに残したい

Sさん夫婦は空き家になった母屋を解体し、自分たちの娘家族を住まわせたいと考えていますので、

売却せすに乗り切りたいといいます。

自分たちのお金が足りなかった場合は、娘婿に協力してもらい、ローンを組むことも考えたいということです。

長男であるSさんが妹弟の合意を得ておくことで、計画的に相続ができますので、

そうした話し合いをすることをオススメしました。

とても安心したとSさんは安堵されて、不安なく過ごせると喜んでおられました。

 

 


相続コーディネート実務士から 

親名義の土地に家を建てている人は多くあり、親の相続のときには課題となります。

暗黙の了解があるとはいえ、母親に遺言書を作成してもらい、

争いにならない用意までしてもらうと安心です。

 

 

 

 

 

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中