電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

【公募】相続アイデア・家族への手紙 結果発表!

■公募「相続のカタチ入選作品のご紹介
■公募「相続のカタチ」選外作品のご紹介

■公募「家族への手紙」入選作品のご紹介
■公募「家族への手紙」選外作品のご紹介

■コンテスト概要・詳細

 

 

 

 


最優秀


息子へ託す父の生きざま
遠く離れた地に働く息子らは、もう数年故郷のわが家に帰れないでいる。
彼らのために建てただだっ広い一軒家が、いまは死んだようにひっそりしている。
これはダメだと、書店で働いた青春時代の財産である千五百冊の蔵書を整理して施設図書館を開設。庭も開放して地域のふれあい広場にした。
君らの父親はこんな一面も持っている。
いつかここへ戻って来て、親父の生きざまに思いを巡らせ、無口で頑固だけではなかったと笑ってほしい。
        (60代・男性)

 

 

優秀1

両親が亡くなり、誰も住むひとがいなくなった古民家。
両親の思い出がつまった家を四季を通じて昔ながらの日本らしい雰囲気を味わえる古民家カフェに改装し、
訪れる誰もが懐かしさを感じる空間にしたい。 そして娘に相続してもらいたい。
(50代・女性)

【作品についてのコメント等】
両親の思い出がいっぱいつまった家を簡単に手放したくない。何とかいい形で残す方法はないかと考えてみた。

 

 

優秀2

 

私は、かねがね、子供たちには、もっと読書の喜びを知ってもらいたいと思っておりました。
山林と家と土地を売却して、子どものための図書館を作り、思う存分、良書に親しむ機会を与えてあげたいと思うのです。
(70代・男性)

 

 

入選1

 

独身の人や、死後、相続する者のない人が突然死した場合などに、
残されたお金を自分の代わりに寄付を必要とされる方々へ、
届けてくれる共済組合が存在すれば、沢山の困っている方達が救われると思います。
(40代・女性)



入選2入選2

相続税が高い。
そのようなお金があるならば、家族との思い出を目一杯作りたい。
実現しようじゃないか思い出作り。旅行に行くぞ。
(30代・女性)

【受賞についてのコメント】うれしいです!ありがとうございます。

 

 

入選3

 

今の土地を売ってそれぞれ新しい場所で暮らしてほしい。 遺品は全てすててほしい。 何も受け継がなくていい。
ただひとつ望むのは、時々でいいから話題に出してほしい。 ほんの一時でいいから思い出してほしい。
(50代・女性)

 

 

入選4

 

相続は大事だけれど、言いにくい。
家族ならいずれ、真剣に伝えなければ思うものの、夫婦間では照れたり、構えたり、そして親子では見栄を張ったり、世間体を考えたりもする。
つまり、それはどれだけ真剣に考えているかが問題なのかもしれない。
そして、具体的なことは何も伝えられないままに、時間だけがたっていくような気がするので、今は遺言書として形にして残すのが一番かと思う。
(50代・男性)

【作品についてのコメント等】
大事ですが、とても伝えづらいものです。

 

 

特別賞

 

(1)自分が描き残した未完成の絵画がある。これを完成させてくれた人に絵画とその権利を譲ってあげてほしい
(2)自分の人生についてまとめた「自分史」が完成できないでいる。これをまとめた人に家を譲りたい
(3)自分の家族について記した未完成の小説がある。これを家族で完成させて、その貢献度に応じて、印税その他の権利を分けてほしい
(4)自分が経営しているラーメン屋がある。その店で提供している味を忠実に再現できる人に店を譲りたい
(5)色褪せてしまった古い家族写真がある。これを「絵」の形にして再現してくれた家族には自分の持っている金銭的価値のある私物を譲ってあげたい
(6)今は使っていない古い母屋がある。これを修復して使えるようにしてくれた人に母屋を利用する権限を与えたい
(7)今、製作途中の「発明品」がある。これを「完成」させてくれたか、「完成させてくれる人を探してくれた」人に「特許」及び「発明功労」人として金銭的報奨を与えたい
(8)自分は死期が迫っている。生きている間に会って、話をしたい人がいるが、これを実現させてくれた人には自分の持っている財産的価値のある私物を与えたい
(9)家族や他人に伝えたい「思い」や「感情」がある。これを「歌詞」としてまとめてくれた人にはその印税を与えたい。複数人で完成させてくれた場合、その貢献度に応じて権利を分割する
(10)家族や他人に伝えたい「思い」と「気持ち」がある。これを「詩集」としてまとめてくれた人に、その詩集にまつわる権利を譲ってあげたい
(11)軽度の認知症と診断された。症状が進行する前に思い出をまとめておきたい。自分の断片的な記憶をたどって「絵本」にしてまとめてくれた人に自分の持っている私物の財産を与えたい
(12)自分は死期が迫っている。自分の持っているアルバムの写真を絵の形で修復してメッセージを添えた「マイアルバム」を完成させてくれた人家族に、自分の持っている不動産を利用する権利を与えたい
(13)今、エンディングノートを作成中だが完成の見込みがない。自分が満足できるようなストーリーに基づくノートを完成させてくれた人に「想続金」としてそのストーリーの中で書かれた権利や報奨を与えたい
(14)自分が死んだら、家は売却するか取り壊すことになっているが、思い出は残しておきたい。そこで自分の家のジオラマを作って、思い出を形に残してくれた人に「創続金」として家の売却で生じた利益を与えたい
(15)映画好きだけど外出は難しいし、機械嫌いなので動画視聴もできない。そこで、自分の家で「芝居」を演じてくれた劇団やお芝居集団に、自分の持っている不動産の一部を「演劇学習場」として利用する権利を与えたい
(16)生きている間に、謝っておきたい人や仲直りしたい人がいるが、所在がわからないし、素直に思いを伝えられない。そこで手紙か映像で自分の思いを伝えてくれた人に、「送続金」として功労金として財産の一部を与えたい
(17)恵まれない子供たちのための支援活動をしてきたが年齢的、体力的に継続が困難になった。引き続きこれを続けてくれる人には「意産金」として、自分の持っている金銭や物品を支援活動の名目で分けてあげたい
(18)老化のため心身に様々な不自由が生じている。「こんな機器があったら」という自分の思いを今すぐは無理にしても将来的に実現させてほしい。そこで、自分の願望を実現すべく具体的アイデアを作ってくれた人に、自身の有する不動産の一部を「エジソンルーム」として利用する権利を与えたい
(19)老化のため心身に様々な不自由が生じている。「こんな機器があったら」という自分の願望を実現すべくアイデアやプランを考え、形にしてくれた子どもに「アトム賞」として発明支援金と自分の不動産の活用権を与え、高齢社会やバリアフリー社会で貢献できる人材を育てたい
(20)高齢化とともに私生活にさまざまな不自由が生じている。そこで、高齢者がいかに快適に過ごせるかの観点から自分の願望を具体的なプランとして形にしてくれた人に自身の財産を証券化した「プラチナシルバー」を与え、金銭的報奨を与えたい
(21)所有している不動産があるが、これを取り壊すことなく、社会資本として存続させて有効活用させたい。これを具体的なアイデアにした人とそのアイデアを実行する人に「ソーシャル・トリビュート」という自身の不動産を証券化した金融商品を与えたい
(40代・男性)


 


↓【公募 「相続のカタチ」選外・応募作品のご紹介】↓
 
入選には至りませんでしたが、数々の素晴らしい作品をお送り頂きました。
HPへの掲載に承諾を頂きました方の作品をご紹介させて頂く予定です。

 

     
 ■お名前   (都道府県・年代・性別)

ご応募作品

 


 

 

 

 

最優秀 最優秀宛先

 

「だ」大丈夫?この間の電話の声元気なかったみたいだけど。
「い」いつでも連絡してきていいんだよ。
「す」すっきりするよ。誰かに言っちゃえば。
「き」気分一新!新しいキモチで。
「だ」大事にしてね、心も身体も。
「よ」用がなくとも 時々声を聞かせてくれると嬉しいな。またね。
        (40代・女性)

 

 

優秀1 優秀1宛先

 

世界中が敵になっても、 たったひとりになって、いる場所がなくなっても、 帰っておいで!
ここへ! いつでも、どんな時でも、待ってるからね!
生きている限り! 天に召されたら、天から!ずっとずっと見守っているよ!
(70代・女性)

【作品についてのコメント等】
血縁に限らず、地球全体の生きものたちへ すべての子供たち、かつては子供だった大人たち どうぶつたち

 

 

優秀2 優秀2宛先 優秀2タイトル

 

 おばあちゃんへ
最近あまりメールできなくてごめん。 就活が大変で中々返せません。
けど、毎朝電車で読むおばあちゃんのメールが、頑張る力になってるよ。
声は聞けなくても、おばあちゃんが僕の一番心強い味方です、ありがとう。
またメールします。次は、いい知らせができるときに。
(20代・男性)

【作品についてのコメント等】
遠く福岡の地から日々メールをくれる祖母へ。
就職活動に励む私に活力をくれることに、感謝の気持ちを伝えたい。次は内定という形で。

 

入選1 入選1宛先 入選1タイトル

 

旦那様になってもう十五年経ちました。
少し感謝の気持ちを込めて、手紙を書くことにしました。ドキドキ☆
まー君からプロポーズを受けた私は「今は元気だけど将来心の病になるかもしれない。」と言いました。
すると「過去の出来事は僕と出会う為のこと。大丈夫だから。」と微笑みながら言ってくれました。
そんな…。嬉しさと不安が混ぜこぜになりながら、まー君の暖かい大きな胸に頭をうずめている私でありました。
三年後、案の定に長男を出産がきっかけでうつ病になってしまい、寝たきりの状態になると愚痴一つも言わず、
実母と分担して家事。育児をもくもくとやってくれました。
まー君って本当に心の広い、すごい方なんだな。布団の中で泣きながら感謝でいっぱいでした。
今、こうして復活し元気になれたのは、まー君をはじめ多くの人々の協力のお陰であります。
ありがとう。ありがとう、みんな。そしてまー君。心からありがとう、愛しています!
(50代・女性)

 

 

入選2秀 入選2宛先 入選2タイトル

 

目がさめると、もう台所でカタコトと音。 もっと休んでいてよ、母さん。
炊事、洗たく、掃除、片付け事、近所付き合いから何から、ありがたいのよ、母さん。
うれしいのよ、母さん。 でも、ゆっくりゆっくり、みんなでやろうよね、母さん。
(40代・男性)

 

入選3 入選3宛先 入選3タイトル

 

今朝、窓を開けたら裏庭に、いつもの野良猫さんがいましたよ。 木香薔薇の陰で、すやすやと。
今度、名前を付けましょうか。 今日も穏やかな一日になりそうです。 あなたがいて、とても幸せ。ありがとうね。
(50代・女性)

【作品についてのコメント等】
双子の妹へ、実際に伝えた今朝の風景です。この歳になり、やっとお互いに暖かい春を迎えられるようになりました。
(家族構成は「姉妹と同居」です。)

 

入選4 入選4宛先 入選4タイトル

 

僕が今、両親につたえたいことは、ごめんなさいとありがとうこの二つだけです。
いつも贅沢、わがまま、朝の準備がおそい、勉強が思うようにできないなどごめんなさい。 直します。
いつも、おいしい弁当ありがとう。 勉強できる環境ありがとう。 僕のために怒ってくれてありがとう。
いつも、いつまでも僕がどんなことがあっても暖かく迎え入れてくれる場所をありがとう。
(10代・男性)

【作品についてのコメント等】
感謝の気持ちと謝罪の気持ち

 

 

入選5 入選5宛先 入選5タイトル

 

いつもありがとう。
私は家族みんなの優しさが好きです。 あったかすぎて重たくて、時に苦しくなるけれど、
でもそれだけ私や家族のことを大切にしてくれているんだなと最近やっと気づきました。
恥ずかしくてなかなか直接言えないけど、 いつもたくさんの優しさをありがとう。
(10代・女性)

【作品についてのコメント等】
前はあまり家族のことを考える時間がなかったのですが、最近やっと、家族について考える時間が増え、
たくさん優しさをもらっていたことに気づくことができたので書いてみようと思いました。

 

 

特別賞 特別賞タイトル

 





↓【公募 「家族への手紙」選外・応募作品のご紹介】↓

 
入選には至りませんでしたが、数々の素晴らしい作品をお送り頂きました。
HPへの掲載に承諾を頂きました方の作品をご紹介させて頂きます。 (随時更新!)


     
■千葉県のかよこ 様 (千葉県・50代・女性)

今日は、何食べた?きちんとお野菜も食べているかな?夜はぐっすり、ねむれている?
何か困ったことがあったら、すぐに、SOSネ!何もなくても、電話待っているよ♡

     
■工藤  杞憂 様  (岩手県・60代・男性)

「安寧よ 安寧とあれ 安寧を」
妻へ 結婚して四十年大変有難う。
津波に遭ったお義母さんにも屈託ない笑顔が戻って来たね。あの時は気丈に振舞ってくれた。
お互いを慮り尊重しながら、義母の口癖の「今日より若い日はない」を実践して行きましょう。
 【作品についてのコメント等】
沿岸で一人暮らしだった義母は、親戚の子に手を引かれ命からがら避難することができた。
「何もかも流された」が口をついて出たが、いま「畑に何を植付けようか?」と言うまでになった。
妻や義弟が気丈に支えており、近所に転居し足繋く訪問している。妻へ感謝を込めて・・・

     
■ひよこ 様 (愛媛県・20代・女性)

お兄ちゃんへ 
お兄ちゃん結婚おめでとう。年も離れてて話すことも少なかったけど、たった一人のお兄ちゃん。
結婚して家からいなくなるとちょっとだけ寂しいもんだね二人だけの兄妹だからね。
お兄ちゃん夫婦の幸せを祈ってるよ。

     
■はたれ 様 (富山県・50代・女性)

お願いね
体は九の字に曲がっても頭は冴えわたり気にかけてくれるお母さん。いつもありがとう。
家を継いでくれた啓子さんと親子だからって思ったことを言うのはいいけれど
ほどほどしておいてよ。お願いね。お母さん。 
【作品についてのコメント等】
米寿を迎えた実家の母は腰は曲がっても頭はしっかりしており、一緒に暮らしている姉に好き勝手なことばかり言っています。ボケてないのはいいのですが姉の口説きもわかります。

     
■岡林勝 様 (群馬県・70代・男性)

妻、叙子(のぶこ)へ
いつも食事作り、洗濯、掃除、その他を一生懸命にやってくれてありがとう。いつも感謝しているけれど、照れくさくてなかなか言葉にできない、君はいつも家に居るが、外へ出て好きなことをしていいんだよ。
でも、君は「それは煩わしい。」と言う。でも、遠慮しなくていいんだよ。

     
■高橋聖子 様 (東京都・30代・女性)  ママヘ いつも本当にどうも有難う。生まれ変わっても又ママの娘になりたいです。
いつまでもずっと、世界一の仲良し母娘でいようね。聖子より

 


 



↓コンテスト概要・詳細

【公募ガイド】2018年2月9日(金)発売に掲載!



 応募受付 2018年2月1日-4月30日(消印有効)

作品の募集を締め切らせて頂きました。
沢山の応募を頂き、誠に有難う御座います!


テレビ番組【達人道】第303回~公募の達人~ 提供:夢相続

2018/01/31 Youtubeに公開
首都圏(tvk:2018年1月26日 テレ玉:2月1日)放送  

川柳や標語など、気軽にコンテストにチャレンジ!
上手に時間を活用して皆さんのアイデアを形にしてください。
もしかしたら入賞して賞金や賞品をもらえるかもしれませんよ♪  

今回は特に「相続」や「家族のコミュニケーション」がテーマです。

(出演者)森藤恵美、天の声ほか




公募ガイド
https://www.koubo.co.jp/

2018年3月号に掲載
https://www.koubo.co.jp/magazine/201803.html








一般社団法人 家族をつなぐ コミュニケーション研究会
https://www.yume-souzoku.co.jp/kazoku

 

 

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中