日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

事例

相続のあらゆる事例を実例にてわかりやすくご紹介!

夢相続実例Report

父親の土地だが長男の家。生前贈与してもらうべきか?

◆二世帯住宅

Kさん(50代・男性)は、現在、両親と完全分離の二世帯住宅に居住しています。土地は100%父親の名義ですが、建物は90%がKさん名義で、10%は父親に建築資金を出してもらったので、共有名義としました。長男として両親の老後を見るつもりで妻と子供2人の4人で同居を決断したのです。

Kさんのきょうだいは姉が一人。結婚してやはり2人の子供に恵まれましたが、姉夫婦は近いうちに離婚するという話が伝わってきました。そのことで心配になったことがあると夫婦で相談に来られました。

 

◆公正証書遺言

Kさんは慎重な性格で、父親には同居をスタートするときに公正証書遺言を作成してもらいました。
父親の死後は、父親名義の土地と建物は全てKさんが相続するようにと書かれています。現金などの金融資産は、母親と姉で等分にするようにという内容です。
Kさん家族が同居して父親亡き後も母親の面倒をみていくことを条件としての内容ですが、それでも父親の財産の大部分が土地です。

 

◆遺留分はどうなる?

Kさんが相続する予定の土地評価は約3000万円。預金は500万円程度ですので、姉が相続する250万円の10倍以上となります。
父親はそうしたことを想定して、遺言書にはKさんが姉に代償金として300万円払うようにとも書かれているということです。
遺言書があることから姉の遺留分は437.5万円となり、今後、預金が減ってしまうと姉から遺留分を請求される可能性もあります。

 

◆遺留分より心配なこと

Kさん夫婦が心配なことは、離婚したら姉は両親に頼り、同居するかもしれないし、家の権利も主張するかもしれないということです。
そのために遺言書があるにしても父親から相続時精算課税制度を利用して土地、建物を生前贈与してもらったほうがいいだろうかということも相談の内容でした。

 

◆相続のときが有利

Kさんの父親に遺言書がある場合、姉に断らなくても遺言書で不動産の名義変更ができます。登記の費用も通常の5分の1と少なくて済みます。さらに不動産取得税もかからないのです。
生前に不動産の贈与を受けるとなると、登録免許税は相続の5倍、不動産取得税もかかるため、数十万円は余分な費用がかかることになります。

よって、遺言書があることを前提とすれば、Kさんの場合は、相続まで待つことが妥当だと言えます。仮に姉より遺留分を請求されても、現金を払えば済むので、相続まで待つことをおススメしました。
Kさん夫婦はそれで安心した、遺留分を払うつもりはあるので、気持ちが軽くなったと笑顔になられました。

 

 

ご相談は夢相続へ

一般の方はどちらがいいのかわからないという方は多いのですが、遺言書がある場合は、わざわざ生前に費用をかけて贈与を受けるよりも相続まで待つ方が費用負担は少なくて済みます。
理由がわかると安心できることがありますので、専門家に相談されることが大事です。


相続のご不安がある方はご相談ください。最初のご相談は無料です。
TEL:03-5255-3388
お気軽にお問い合わせください

 

 

コラム執筆

 

メールマガジン【相続実例Report Mail】登録はこちらから
(相続相談事例・セミナー開催・メディア出演情報などをお届け致します) 

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中