日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

事例

相続実務士が対応した実例をご紹介!

相続実務士実例Report

財産は自宅と生命保険。自宅を売らないとお金が足りなくなる?!

財産は自宅と生命保険。自宅を売らないとお金が足りなくなる?!

 

◆母親は介護施設へ

Dさん(50代・男性)の母親は80歳。10年前に父親が亡くなった後はずっと一人暮らしをしてきました。
しかし、圧迫骨折をして入院したあと、退院して自宅の生活に戻ったものの、以前のようには動けなくなり、自宅での生活がしにくく、3年前から介護施設に入所しています。
Dさんは一人息子ですが、仕事の都合などで実家を離れて生活し、結婚して家を購入していますので、今のところ、実家に戻って生活することはないと思っています。

 

◆空き家のまま3年

母親は介護施設の生活にも慣れ、2年目になるともう自宅に戻って一人暮らしはできないというようになりました。
そうなると実家は空家のままとなり、Dさんが管理をしなければいけないのですが、なかなか手も回らず、母親と相談のうえ、いつでも売れるようにと家の中の荷物は処分しました。
そうして本当の空家になったものの、いつ売ればいいのか、迷っていると相談に来られたのです。

 

◆まだサインができる

母親の財産は自宅1000万円、生命保険1000万円。預金は20万円程度で、ほとんどありません。
相続税の基礎控除は3600万円ですので、申告は不要だと確認できました。課題は相続税よりも、現金が少ないことだと言えます。

母親は歩行が少し不自由なため、要介護1と認定されていますが、まだ自分で動ける状態です。
しかし、また骨折して入院したり、治療が必要になると病院の費用がかかるのでお金が必要になり、国民年金だけでは足りなくなるかもしれません。
母親の財産から治療費や介護費用を捻出するには、自宅を売却して現金化することが急務と言えました。

 

◆認知症になる前に

母親は、今のところは普通に会話もでき、自分の名前も問題なく書けるといいます。ところが、認知症になり、症状が進むと意思能力が低下しますので、不動産の売却などができなくなるのです。
母親はまだ80歳で、100歳までの時代だとするとあと10年、15年、20年とまだまだ先が長いことが想定されます。
Dさんには尚更、認知になる前の今、すぐにでも売却をして現金化しておくようにアドバイスしました。

 

◆資金不足が解消でき、不安解消

母親は介護施設に入所中ですので、契約など実務的な手続きはDさんが母親から委任をしてもらい、代理をすることで進められます。
その際は、司法書士が母親に売却の意思確認をして進めるようになりますので、これも早めに段取りすることをおススメしました。

Dさんは「そのうち売れば良いかとのんびりしていたが、認知症になると売れなくなると知らなかった。すぐに売却するよう母親の意思確認をする」ということでした。
今なら、母親の意思確認もでき、売却できるということで、相談にきてよかったと言われました。
また売却ができればお金が足りなくなる不安からも解消できるので、ほっとしたと明るい表情をされていました。

 

 

 

相続実務士のアドバイス

 

●できる対策⇒実家を早く売却して、現金化しておく。
       母親の生活費、介護費用などは実家の売却代金を充てる。

●注意ポイント⇒母親が認知症になってしまうと売却できなくなるため、空家のまま維持しなければならず、
        現金が足りない場合はDさんが補填することになる。
        そうなる前に売却してしまうことが必要。

最初のご相談は無料です。
TEL:0120-333-834
お気軽にお問い合わせください

 

 

コラム執筆

 

メールマガジン【相続実務士・実例Report Mail】登録はこちらから
(相続相談事例・セミナー開催・メディア出演情報などをお届け致します) 

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中