日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

事例

相続実務士が対応した実例をご紹介!

相続実務士実例Report

財産を継いだ長男だけひとり勝ち。老後になって後悔しても遅い!

◆母親の老後が心配

Hさん(50代・男性)が相談に来られました。
地方でひとり暮らしをする母親は80代。まだ元気なものの、介護が必要になることを考えると不安があるといいます。
長男のHさんの他に妹が2人いますが、3人とも実家から離れて生活しているため、母親の介護ができる環境にありません。いずれは老人ホームなどケアがついたところに入って生活することになりそうです。

 

◆老後の資金が足りるか

父親は5年前に亡くなりましたので、母親は自宅にひとり住まい、年金生活をしています。
今のところはひとり暮らしができていますが、昨年は体調を崩して入院することがありました。
その時はすぐ近くに住む母親の妹があれこれ手配をしてくれたので助かったと言います。

退院後、あらためて老後のことを母親と話し合ったところ、現金はほとんど残っていないということがわかりました。 今まで気にしたこともなかったことですが、あらためて現実のこととして認識し、急に不安になってきたのです。

 

◆祖父の相続の時はどうした?

そこでHさんが思い出したのは資産家と思える母親の実家のことです。
母親の実家は、祖父の代から建設会社を経営しており、地元では有名な会社なのです。母親は長女ですが、実家は長男が継ぎました。

現在はHさんのいとこが社長になっていますが、会社のビルも自宅も立派で、いかにも羽振りがよさそうです。母親の実家とはいえ、祖父が30年前、祖母が20年前に亡くなっているため、Hさんは何回かしか行ったことがないのです。

 

◆母親の実家は資産家のはず

祖父母の相続人は母親と妹、跡継ぎの長男の3人。資産家で事業にも成功している祖父の相続では、地方といえども億単位の財産があったのではないかと想像されます。
祖父のときは6分の1、祖母のときには3分の1の権利が母親にはあったはずです。

Hさんは母親に、祖父が亡くなったときのことを聞いてみましたが、長男が跡継ぎなので、嫁に出た自分と妹には何もなかったが、そんなものだと思って言われたとおりにハンコを押したということです。祖母が亡くなったときも何もなく、結果、祖父母の相続で母親は何も財産を受け取らなかったということがわかりました。

 

◆不動産登記はどうなっているか?

Hさんが調べてみると、今いとこが経営する会社は、3億円の余剰金があると公開されていて、余裕があるよう。
これから費用がかかる母親にもいくらかもらえるものがあってもいいのではという気持ちになり、相談に来られたのでした。

30年前の相続でも遺産分割協議がされていない場合は、今から決めることができます。
すぐに確認できるのが、不動産の所有者です。登記簿を取得すると現在の所有者が確認できるので、亡くなった祖父のままであれば遺産分割協議がなされていないことがわかります。

 

◆不動産は長男名義に

その場で母親の実家の登記簿を取得してみると、30年前の相続のとき、祖父から長男が相続していたことが判明しました。そのときの遺産分割協議書に母親もハンコを押して同意しているということです。
そうなると不動産はすべて同時に登記されていると推測されますので、祖母が亡くなったときに手続きをする必要がなかったということも理解できるところです。

 

◆今から請求できるのか?

30年前に相続手続きが終わっているものについては、今からやり直したいということはもうできないことです。
母の相続についてはハンコを押したことはないとなれば財産を確認し、遺産分割協議をしたいと言ってもいいことですが、それもすでに時間が経過しており、応じてもらえないかもしれません。

それでもすっきりしないことばかりですので、母親の代わりにHさんが、叔父に内容を聞かせてもらうようにお願いしてはどうかとアドバイスしました。
なにももらっていないのは理不尽なことですので、いくらかでも贈与してもらうことは出来なくはありません。
Hさんは、母親と相談してすっきりさせたいと言って帰られました。

 

 

ご相談は夢相続へ

相続になったときにきちんと対処しなければ権利もうやむやのままに無視されてしまうことは、現実にいくらでも事例があります。
現代は家督相続ではなく、平等相続となりました。また長寿社会となり、老後の資金が必要になります。
自分の権利は当然として受け取っておける時代です。
どうしてよいか分からない時には、一度ご相談ください。

最初のご相談は無料です。
TEL:03-5255-3388
お気軽にお問い合わせください

 

 

コラム執筆

 

メールマガジン【相続実例Report Mail】登録はこちらから
(相続相談事例・セミナー開催・メディア出演情報などをお届け致します) 

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中