日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

メディア出演

夢相続のテレビ出演・雑誌掲載について

メディア出演情報

取材記事

2019/10/01

2019年9月30日「マンション経営ラウンジ」に寄稿しました

現金を不動産に、経営は同族会社に。評価を下げて、財産を減らす相続対策成功例!

今回は、現金や有価証券など、相当な額を保有する一人暮らしの80代父親を持つTさんの相続税の節税対策をご紹介します。

 

[課題]80代父親の財産を確認したら相続税が相当な額に

Tさんの父親は、母親が亡くなってから一人暮らし。長男のTさんは、仕事や子供の学校の関係で両親とは同居できず、そのまま自宅を購入して今に至ります。
父親は祖父母から相続した貸宅地があり、毎年の地代収入がありました。また、一部の貸宅地を売却した現金や親から相続した現金があり、優良株を購入し長期に保有してきました。
父親は80代後半の年代になっていますが、相続に関してはこれといった節税対策をしていないため、不安になったTさんが相談に来られました。Tさんはこれまで転勤のある仕事をしており、父親のことはサポートできていませんでしたが、一人暮らしが困難になったことや、子供のいない叔母の介護も必要になったため、思い切って会社を退職して2人のサポートをすることにました。
財産を確認し、相続税額を計算すると相当な額になり、早急に節税対策をしたほうがよいと判断されました。

対策方法はコチラから

 

 

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中