電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

メディア出演

夢相続のテレビ出演・雑誌掲載について

メディア出演情報

取材記事

2014/09/01

2014年9月1日発売 「BESTFIRM Magazine 2014年9月号」 特集 【相続の相談窓口は誰がなるべきか?】

相続コーディネーターとして年間300件の相続案件の受託


夢相続・曽根恵子代表が不動産会社を出発点に、「相続のコーディネート」という
概念を世に問うたのは今から20年以上前、1992年のことだ。

2000年には、今ある多くの相談窓口の先駆けとも言うべき
「相続相談センター」を開設。

そして相続のコーディネートを専門に行う会社を立ち上げた。

現在までに関与した案件は、
大小合わせ累計見積相談件数が1万2000件、受託案件は年間300件。
昨年紹介した相続税申告案件は、そのうちの約1割に上るという。

「相続の相談窓口は誰がなるべきか?」という疑問を最初にぶつけるのに、
まさに相応しい人物である。

ベスト・ファームマガジン 2014年9月号(2014年9月1日発行)

株式会社 夢相続が取材協力致しました。

弊社代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 不動産有効活用専門士
相続コーディネーター 曽根恵子のインタビュー記事が掲載されております。

是非ご覧ください。


「BEST FIRM Magazine 2014年9月号」(2014年9月1日発行) 
株式会社夢相続 代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター
不動産有効活用専門士 相続コーディネーター 曽根恵子 掲載記事 (PDF)



「事務所経営」をテーマにした、新しいコンセプトの経営ニュースマガジン
BESTFIRM Magazine  

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中