日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

メディア出演

夢相続のテレビ出演・雑誌掲載について

メディア出演情報

取材記事

2020/01/06

2019年12月29日号「NEWSポストセブン」に掲載されました

相続のための「成年後見制度」正しい契約方法とその後の注意

高齢化が進む日本社会、親族が認知症を患うということも増えています。
認知症などで判断能力を失ってしまうと、そこからの生活はもちろん、相続にも支障をきたします。
そこで本人に代わって家族や第三者が不動産や預貯金などの財産管理、介護サービス、施設への入所契約などを行うのが「成年後見制度」となります。
必要になれば役所が紹介してくれるが、それを待っていては大損する可能性があります。


続きは掲載記事をご覧ください。

※この記事は女性セブン2020年1月2・9日号に掲載されています。

 

 

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中