日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

すい臓がん、ステージ4。急いで遺言書。

2019/01/15


先日来られたお客様から娘さん(40代・独身)がすい臓がんでステージ4を告知されたと。

昨年、夏に娘さんが本を読んで、夢相続のセミナーに参加されていたのですが、

ご両親を連れて、再度セミナーに参加されました。

3人であらためて相談に来られて、「相続プラン」を委託頂き、ご提案。

対策のサポートを進めているところでした。

 

娘さんにはご両親と共有名義の不動産があり、

それを相続人の親に戻すとご両親の相続税が増えるため、きょうだいに遺贈するよう提案。

来週、公正証書遺言を作るサポートをします。

ご本人は入院、抗がん剤治療中。

気丈にされていて親の方が励まされると。

でも泣いておられました・・・

 

これって、本人の意思や日頃の生活習慣とかとは別の、運命なのか、役割なのか、

そうした見えないチカラによるものだし、だれも悪くないけれど、世の中、想定通りではいかないですね。

 

ちなみに公正証書遺言は公証人や承認が出張して病室で作れます。

病院やホスピス、老人ホームなどあちこちに出向いてサポートしております。

印鑑証明書や戸籍謄本、不動産の固定資産税納付書など必要書類がそろい、内容が決まれば翌日でも作成は可能。

※公証役場の原稿ができ次第。

 

どうぞ夢相続にご相談ください。

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中