日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

中日新聞Webに紹介されました。

2019/08/23


<どうする相続>不動産「共有名義」避けて。中日新聞Webに紹介されました。


※取材元は東京新聞です。

代表的な相続財産といえば、土地や建物などの不動産。
ただ、きょうだいなど相続人同士の共有名義になっていると、売却や活用に手間がかかるなどして、 家族間のトラブルになりやすい。主な相続財産が不動産の場合、相続させる立場の人が、 土地を登記上分割する分筆をしたり、現金化して分けたりして、将来の火種をあらかじめ取り除いておきたい。
東京都内の七十代女性は約十年前、父と死別。父名義の土地約六百平方メートルは、母と兄 、弟を含む計四人が共有名義で相続した。持ち分は法定相続割合に準じ、母が半分で、きょうだいが残りを三分の一ずつ。 土地は分筆せずに三区画に分け、きょうだい三人がそれぞれ自分名義の家を建て、母は弟と同居していた。 二年前、弟が死亡。弟の妻が弟分を相続し、土地は母、兄、自分、弟の妻の共有となった。
続きはこちらから

 

 

今まで出演・取材協力したメディア出演情報はこちらからご覧いただけます。
メディア

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中