電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

よくあるご質問

【生前】借地である自宅の建て替え、売却を考えており、 建替承諾料と譲渡承諾料について教えて下さい。

ご相談者の背景

[相談者]  長男
[推定相続人]  母、長男、次男
[財産の構成]  自宅(借地権)、現預金、有価証券
[相続の状況]  老朽化で、建て替えを考えている

ご相談の内容

父が亡くなり、自宅の借地権を相続しました。
建物の老朽化が激しく今回の相続を機会に、建て替えあるいは借地権を売却を考えています。
ただ、地主とは全く面識がないので、どのようなことを言われるのか大変心配です。
建替承諾料と譲渡承諾料には、相場があるのでしょうか?

夢相続からのアドバイス

借地上の建物を建て替えるためには、地主の承諾が必要です。
さらに、建替承諾料を要求されるのがほとんどであり、非堅固建物から堅固な建物利用へ用途変更する場合、
条件変更承諾料も要求される場合が多いです。
また建替承諾料や条件変更承諾料の相場ですが、地域性はありますがおおよその基準があります。

・建替承諾料・・・・更地価格の3~4%
・条件変更承諾料・・・・更地価格の10% 借地権を売却するには地主の承諾が必要ですが、建替承諾料同様におおよその基準があります。
・譲渡承諾料・・・更地価格の5~10% しかし、借地権を第三者に売却するのは容易ではないので、検討が必要です。

ポイント

・建替承諾料と譲渡承諾料は、地主と賃借人との話し合いによります。
・地域性などによりますが、建替承諾料などにはおおよその基準があります。
・借地権の第三者への売却は、容易ではないので検討が必要です。
よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中