電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

よくあるご質問

【生前】相続における生前贈与とはどのようなものですか。

実は、「生前贈与」という言葉は、法律にはありません。
一般的に用いられるこの言葉は、相続対策として行う贈与を意味しています。

 

贈与について解説しましょう。

 

生前の贈与とは

贈与とは、自分の財産を他の人にあげることを指します。
贈与する人のことを贈与者、贈与される人のことを受贈者と呼びます。

 

贈与において気をつけておかなければならないことは、3つです。

 

・贈与者の意思だけでは贈与できない。受贈者の了承が必要。
・契約書などの書面を作っておくこと。
・贈与すると贈与税がかかる。

 

生前贈与する方法

贈与者と受贈者とで合意をし、契約書を作成します。
契約書には、以下の項目を記入し、実印を押します。

 

・贈与者の氏名と住所
・受贈者の氏名と住所
・贈与する財産がどんなものか
・贈与契約の日付(吉日とするのではなく、具体的に入れる)

 

これらが含まれていれば書式は自由ですが、氏名は必ず自筆とします。
必須ではないとされていますが、公証人役場で確定日付の印を押してもらうと安心です。

 

生前ではない贈与

「生前贈与という言葉はない」とご紹介しましたが、生前ではなく、死後に行う贈与もあります。
これは「遺贈」と呼ばれるものです。
遺贈では、遺言書によって財産とそれを相続する人を指定します。

 

 

生前の贈与についてご紹介しました。
注意しなければならないのは、節税を目的として行う生前贈与は、亡くなる3年以上前に行わなければならないことです。
生前贈与のつもりで贈与をしても、その3年以内に贈与者が亡くなった場合、贈与契約自体は有効ですが、相続税の課税対象となります。
早期から対策を打っておいたほうがいいといえるでしょう。

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中