電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

よくあるご質問

【相続発生後】相続税の基礎控除とはどのようなものですか。

相続において、「基礎控除」は重要な概念です。
亡くなった方の財産の合計が基礎控除の額を超えていれば、相続税の申告が必要になるというボーダーラインだからです。

 

相続税の基礎控除について解説します。

 

相続税における基礎控除とは

相続税の基礎控除とは、相続財産のうち、非課税になる金額のことです。
相続財産が基礎控除額よりも少なければ非課税となり、相続税を支払う必要はありません。
相続財産が基礎控除額よりも多い場合には、基礎控除額を超えた部分にかかる相続税を支払うことになります。

 

基礎控除額は、何度か改正が行われています。
近年では、平成27年1月1日に改正が実施されました。

 

改正まで、基礎控除額は以下のとおりでした。
5000万円+1000万円×法定相続人数

 

改正後は、以下のように変更されました。
3000万円+600万円×法定相続人数

 

つまり、基礎控除額が下がったのです。
これにより、相続税を支払う必要がある人の範囲が広がりました。
法定相続人が2人の場合、改正前の基礎控除額は7000万円。改正後には4200万円へと大きく下がっています。

 

改正前後の基礎控除額、どちらが適応される?

平成27年1月1日より改正された基礎控除ですが、どちらが適応になるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

基礎控除の基準となるのは、被相続人が亡くなった日です。
申告が改正後であっても、亡くなった日が改正前であれば、改正前の基礎控除額が適応されます。

 

 

基礎控除額について解説しました。
基礎控除額を算出するのに必要な情報は、被相続人が亡くなった日と法定相続人の数のみです。
それぞれ確認のうえ、計算してみましょう。

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中