日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

マネーポストweb20.3.20号に紹介されました

2020/03/23


“過剰な遺言書”が原因で兄弟ドロ沼争続へ どう記せばよかったか

マネーポストweb20.3.20号に紹介されました

遺言書の作成は被相続人(親)が望む形の相続を行なううえで有効な手段だ。
相続人(子)にとっても「財産を遺す親の意向」が文書で明確に示されるため、
複数の相続人(妻や子)の争いを避けることにも繋がる。

だが、遺言書の書き方によっては、それが相続人同士をいがみ合わせる原因にもなりかねない。
昨年、独り暮らしの父を亡くしたAさんのケースだ。
「父の遺産は2000万円ですが、《兄(A氏)に1700万円、弟に300万円を相続させる》
という遺言を書いていたのです。
金銭面も身の回りのことも、父の晩年の面倒は私がほとんど見ていたからでしょう。
しかし、弟から『兄貴が多いのは納得するが、いくら何でも差がありすぎる。
兄貴がそう書くように仕向けたのではないか』と抗議されてしまったのです」

「夢相続」代表で相続実務士の曽根惠子氏が解説する。
「遺言書がなければ、相続人であるAさんと弟は法定相続分(2分の1=1000万円)を
それぞれ相続します。ただし、遺言書の効力は法定相続より優先されるので、
遺言書に従って相続することが原則となります」

続きはコチラから

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください。

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中