日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

マネーポストwebに紹介されました!

2020/03/12


マネーポストWEBに紹介されました 2020年3月9日(月)15:00公開

老親が亡くなったとき、親族がいがみ合う“争続”は避けたい――そんな時に頼りになるのが「遺言書」だ。
子が親に対し、元気なうちに遺言書を書くようにと頼み、親が準備する例も多いだろう。
 しかし、せっかく書いてもらった遺言書が「無効」になるケースがある。名古屋市在住の女性(56)が語る。
「我が家では、長女の私が父親と一緒に実家で暮らし、次女の妹が結婚後は離れて生活していた。
父がまだ元気だった10年ほど前、母が亡くなって妹が実家に帰ってきたときに、
家族で『お父さんが亡くなった後も、財産のことで揉めないように』と話し合って、遺言書を書いてもらった。

続きはコチラから

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください。

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中