日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

相続実務士実例Reportを更新しました!2021.7.29

2021/07/29


未入籍で40年。事実婚なら相続できる!?

◆事実婚
先妻の子どもと事実婚の子どもは面識もあり、全く知らないということではないといいますが、
それでもYさんが亡くなったあとでは円満な話し合いができるかどうかは分かりません。
そこで、遺言書は必須だとアドバイスしました。

Yさんからの質問に、遺言書を作るのであれば、そこに事実婚の妻に渡す財産を記載すれば
問題はないのでは?というものがありました。

遺言書で事実婚の妻に財産を遺贈することはできますが、問題は相続税です。
配偶者であれば財産の半分か1億6000万円までは無税という特例があり、
優遇されていますが、事実婚の場合はそうした特例は認められません。 続きはコチラから

 

 

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中