日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

相続実務士実例Reportを更新しました!2021.8.12

2021/08/16


名義保険に1億円!「郵便局で隠せる」はウソ!?

◆父親の相続のために
Hさん(50代・男性)の父親は80代後半。昨年まで自宅で母親(80代)と
二人暮らしをしてきましたが、脳梗塞を発症し、入退院を繰り返してきました。
相続になったらどうすればいいかと、母親とHさんが相談に来られたのです。

父親は病院から自宅には帰ることができず、そのまま介護療養医療施設に
入所しましたが、そのころから認知症も発症し、意思能力の低下も著しく、
生前対策はできないと判断しました。

それでも、財産の総額を確認して、相続になったときのために
確認しておきたいということでした。
相続人は母親とHさんと妹(50代)の3人です。Hさんと妹はそれぞれ結婚して
配偶者と子供があり、自分たちの家に住んでいます。 続きはコチラから

 

 

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中