日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

マンション経営ラウンジに寄稿しました【第7回】

2019/12/04


マンション経営ラウンジに寄稿しました!



固定資産税は、土地を持っているだけでかかってしまうため、
収益を生み出さない空き地は不良資産になりかねません。
また、相続を考えても、空き地は相続税の減額要素がありません。
土地は建物を建てて住んだり貸したりしないと評価が下がらないのです。
アスファルトや砂利敷きに整備した貸し駐車場であれば、
相続では貸付用小規模宅地等の特例を適用することができ、200㎡、50%の評価減を
選択することができますが、それ以外は評価減をすることはできず、固定資産税も下がりません。
駐車場は更地ですので、空き地とおなじ100%評価で減額の要素はないのです。
今回は、相続した実家を売却して、その資金で区分マンションを2戸購入することで、
相続税を節税したMさんの相続対策例をご紹介します。


続きはコチラから

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください。

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中