日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

パソコンによる遺言書 財産目録のみOK、本文は手書き必要(2)

2020/07/08


パソコンによる遺言書 財産目録のみOK、本文は手書き必要(2)

NEWSポストセブン2020.7.1に紹介されました!

パソコンによる遺言書 財産目録のみOK、本文は手書き必要
貴金属や着物、絵画などの相続をめぐっての争いも起きています。遺言書でなくても別紙にする、
エンディングノートに記載するとか、意思を残さないともめごとになります。

記事より
もう1つ漏れやすいのが貴金属類です。普段づかいの装飾品や洋服類などは財産目録に書くことはありませんが、
100万円を超えるような高価なアクセサリーや古美術などは目録に入れてもいい。それだけ資産価値があれば、
あとで相続人間でのトラブルになりかねない」(曽根さん)

続きはコチラから

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください。

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中