日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第50回】

2021/02/04


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第50回】

◆シニア婚女性、相続時に継子が豹変「父の遺産は渡せない」

◇シニア婚の夫婦、これから幸せな老後を送るはずが・・・
今回の相談者は、60代の北野さんです。夫が急な病に倒れ亡くなったのですが、その後、子どもたちとの関係がこじれてしまったとのことです。相続の着地を探るため、筆者のもとに相談へ見えました。

北野さんの夫は地方公務員で、定年まで真面目に勤務しつつ、老後を見据えて貯金にもいそしんでおり、それなりの資産を持っていました。じつは北野さんは後妻で、先妻が3人の子どもを残して亡くなったあとに夫と結婚しました。結婚した当時は40代でしたが、それまでは一般企業に勤めるキャリアウーマンで、たまたま参加した仕事つながりの会合で知人に紹介され、その後も何度か複数人で顔を合わせるうち、親しくなったとのことです。結婚後も勤務を続け、数年前に退職。定年延長は選択しませんでした。

北野さんと夫はひと回り以上の年齢差がありました。結婚当初、3人の子どものうち、長女と次女はすでに結婚して独立しており、社会人2年目の長男は、同じ敷地内の別棟に暮らしていました。子どもたちの状況はいまも変わりませんが、結婚当初から夫が亡くなるまで家族の関係は悪くなく、適度な交流もあり、問題は感じなかったといいます。

夫の死は突然の出来事でした。持病もなく健康だったのですが、日課にしている朝の散歩の途中で脳梗塞を起こし、病院に搬送されたのです。残念なことに、看護の甲斐なく意識が戻らないまま亡くなりました。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中