日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第52回】

2021/02/12


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第52回】

◆認知症の父、つきまとう訪問販売員…資産は民事信託で守れるか

◇厳格だった父が「やけにフレンドリー」になってきて・・・
今回の相談者は、50代会社員の八木さんです。八木さんには80代の父親がいますが、認知症の兆候が出てきており、日常生活や日常会話には問題ないと思われるものの、片っ端から訪問販売の商品を購入してしまうなど、行動に不安があるといいます。相続の問題以前に、民事信託を組むべきかどうか相談に乗ってほしいとのことでした。

近年では、民事信託についてもテレビなどのマスコミで取り上げられる機会が増えたせいか、「うちも民事信託をしたほうがいいでしょうか?」といって相談に来られる方が多くなっています。

八木さんの父親は若いころから非常に厳格だったそうで、八木さんと兄は、ずいぶん厳しく躾けられたといいます。しかし、そんな父親が80歳に差し掛かってから次第に人柄が変わり、ずいぶんと愛想よく、人当たりも柔らかくなってきました。たまに実家を訪ねると、たいてい人を招いて楽しそうに話をしており、八木さんも最初は、ご近所の知り合いか友人かと思ったそうです。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中