日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第98回】

2021/11/02


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第98回】

◆「支えてくれた親友に、全預貯金を・・・」病床の母の言葉に頷いた娘の胸算用

◇「疎遠な娘より、長年支えてくれた親友に財産を・・・」

今回の相談者は70代女性の秋本さんです。長年同居してきた方の遺産を相続する方法がないか知りたいと、相談に見えました。

秋本さんは独身で子どももなく、専門学校を卒業後、服飾関係の販売員として働きながらひとり暮らしをしてきました。50代になってから、趣味を通じで知り合った同世代の馬場さんという女性と意気投合し、姉妹のように親しくなったそうです。

馬場さんは夫と娘の3人暮らしでしたが、家族関係があまりよくありませんでした。あるとき、夫と娘の暴言に耐えかねた馬場さんは家を飛び出し、秋本さんのところに逃げ込んできました。

一時的な同居のつもりでしたが、ふたりで生活してみると驚くほど快適だったといいます。住む場所を得た馬場さんは、その後夫と離婚。娘も数年後に他県の人と結婚したことで、交流はほぼ途絶えました。

女性ふたりの楽しい生活は約20年続きましたが、ここ数年、馬場さんは若いときから抱えていた持病が悪化して入退院を繰り返し、残念ながら数ヵ月前に亡くなってしまいました。

馬場さんの療養中、秋本さんは、通院の付き添いや入退院の手続き、自宅に戻ってからの介護など、本当の姉妹のように尽くしてきました。馬場さんの娘には電話等で連絡をしましたが、舅姑の介護を理由に、ほとんど顔を見せることもありませんでした。

馬場さんは、亡くなる1ヵ月前に娘を呼び寄せ、秋本さんの前で「預金の全額を秋本さんに差し上げます」と書いたメモを見せたそうです。ずっと身近なところで支えあってきた秋本さんへの感謝の気持ちだとも言葉を付け加えました。そのときは、馬場さんの娘も非常に神妙な面持ちで、

「秋本さん、本当にありがとうございます。母の気持ちを大切にします」

と、涙を浮かべながら深く頭を下げたそうです。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中