日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第104回】

2021/11/22


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第104回】

◆事実婚夫婦、夫の急死で自宅マンション半分が姑の所有に【相続のプロが解説】

◇研究者カップルの人生設計に生じた、想定外の問題

今回の相談者は、40代の大学教員の山本さんです。事実婚だった夫が亡くなったことで、共有名義で購入したマンションの相続に悩み、筆者のもとを訪れました。

有名大学の研究者としてキャリアを築いている山本さんは、同じく研究職の夫と10年前に共有名義でマンションを購入しました。頭金として同額の貯金を出し合い、各自でローンを組んでいます。当然、持分も半分ずつです。

山本さんご夫婦は30代で出会いました。お互いにキャリア重視の人生設計で、お子さんを持つ予定もなかったため、仕事に都合がいいよう、事実婚を選択しました。周囲の理解もあり、これまで大きな問題を感じたことはなかったそうです。

ところが今年のはじめ、体調不良を感じた夫が病院に行くと、深刻な病気が発覚しました。治療に努めましたが、山本さんの看護のかいもなく、あっという間に亡くなってしまったのです。

しかし、そのあとの手続きが大変でした。山本さん夫婦は事実婚で、夫も遺言書を残していないため、夫の相続人は、夫の母親(父親はすでに逝去)になるのです。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中