日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第108回】

2021/12/02


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第108回】

◆「お兄ちゃんは跡継ぎだから」家の財産すべて託した兄が急逝…残された母は茫然【相続のプロが解説】

◇母親から「跡継ぎ」指定された独身長男が急逝

今回の相談者は、会社員の小林さんです。数ヵ月前に亡くなった兄の相続問題でアドバイスがほしいと、筆者のもとに相談に見えました。

小林さんには、独身の会社員の兄がいました。兄は大学を卒業後、社会人になってからも実家で両親と同居しており、数年前に高齢の父親が亡くなって以降は、母親と2人暮らしをしていました。

父親の相続時、母親は自分の相続時の手間を軽減するため、長男である兄に自宅不動産を相続させました。すでに家庭を築いてマイホームを建てていた小林さんは、母親の考えに従い、数百万円の預貯金を受け取って相続は完了しました。

ところがある日、小林さんの兄は勤務先で倒れ、病院に搬送されました。検査の結果、深刻な病気に蝕まれていることが判明してそのまま入院しましたが、治療の甲斐もなく、わずか数週間で亡くなってしまったのです。

独身で配偶者も子どももいない兄の相続人は、母親ひとりです。親より先に子が亡くなるという状況は、家族全員想定外の出来事でした。さらに悪いことに、母親は、自分が亡くなったときに面倒がないよう、夫から相続した預貯金や、これまでの自分のパート代から貯めた預金を、わざわざ長男名義の口座に合計2000万円以上移していたのです。立地のいい都内の自宅と合計すると、長男名義の財産は約1億2000万円にもなりました。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中