日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第110回】

2021/12/08


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第110回】

◆「お父さん、これは一体・・・」家族のだれも知らなかった名義預金に驚愕【相続のプロが解説】

◇ビジネスを成功させた父が、密かに蓄えていた預貯金

今回の相談者は、60代の専業主婦の佐川さんと、同じく60代の佐川さんの姉のお2人です。数ヵ月前に父親が亡くなり、相続の手続きが必要になりました。母親は健在で、独身の姉と自宅で2人暮らしをしています。佐川さんは結婚し、他県に住んでいます。

佐川さんの父親の財産は、母親と姉が暮らす自宅、佐川さんが暮らす他県の自宅の土地、そして預貯金とシンプルです。土地については、そこに暮らす人が相続するよう父から聞かされていたこともあり、言葉通りにする予定です。父親は遺言書を残しませんでしたが、とくに揉める要素はないように思えました。

しかし、問題が発覚しました。名義預金の存在です。2ヵ所の不動産と父親の預金の合計金額は基礎控除内に収まったため、相続税の納税は不要だと考えていました。ところが、取引銀行を調べると、上記の財産以外に、名義預金が5000万円もあることが判明したのです。

父親は30代で脱サラし、母親と一緒に食料品店を経営していました。朝から晩まで働き詰めでしたが、経営は順調で、かなりのお金が手元に残せていたようです。

名義はほとんどが佐川さんと姉になっていましたが、佐川さんは結婚して以降ずっと専業主婦で、独身の姉は会社を退職して以降、給与収入はありません。父親の口座から子ども名義の口座に振り替えて預金されており、ほとんど使われていない状態です。これは明らかな名義預金となるため、父親の相続財産として申告する必要がありました。

佐川さん姉妹はこの預金口座をどうすればいいか判断できず、筆者のもとを訪れたのです。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中