日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第114回】

2021/12/17


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第114回】

◆兄、独居の母へ仕送り20年・・・近居の弟、豪邸建築の「藪の中」【相続のプロが解説】

◇20年ひとり暮らしの母、施設へ・・・金銭はすべて弟が管理

今回の相談者は、60代会社役員の杉原さんです。杉原さんの父親は70歳で亡くなり、その後、母親は20年近くひとり暮らしをしていました。しかし、90歳になって実家近くの高齢者施設へ入所したのだそうです。

杉原さんは都内在住ですが、実家は中部地方で、なかなか様子を見に帰ることができません。しかし、近居の弟夫婦が母親の身の回りの世話やお金の管理も行っており、杉原さんはとても感謝していました。

母親はいたって健康で頭もはっきりしていましたが、ある日弟から「母親を施設に入れた」と電話で事後報告を受け、驚きました。これまでまったくそんな相談を受けたことがなかったのです。

とはいえ、施設のお金が心配になり、弟に尋ねてみました。年金はごくわずかで生活できないと聞いていたため、杉原さんは父親が亡くなって以降、毎月15万円の仕送りをしていたのです。

「施設に入るなら、まとまったお金がいるだろう。おふくろへの仕送りは生活費で消えているだろうから、お金がないんじゃないか?」

「心配ない、足りている」 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中