日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第100回】

2021/11/11


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第100回】

◆子のない夫婦…親も見限った浪費家の兄から財産を守る方法は【相続のプロが解説】

◇ギャンブル依存の兄は、父の財産を食い散らし・・・

今回の相談者は50代男性の香川さんです。ギャンブル依存のある2歳上の兄のことで相談に見えました。

兄の浪費行動は学生時代からで、ギャンブルで負けたり、高額な商品を衝動買いしたりしては両親に泣きつき、就職してからも親への無心はしょっちゅうでした。消費者ローンの返済を肩代わりさせたことも、一度や二度ではありません。

たびたび繰り返される兄の行動に呆れた父親は、「これまでの借金は帳消しにしてやるが、その代わりお前は勘当だ。相続で何かもらおうなどと思うな!」と申し渡し、実際に家庭裁判所で遺留分放棄の手続きもさせていました。

香川さんの父親は代々の地主で、かなりの資産家です。また、勘当した兄のこともあってすでに遺言書を準備しており、都内一等地にある広い自宅は、同居する香川さんが相続することが親族間でも決まっています。兄は父親の財産に対して遺留分放棄していることから、特段の問題はなさそうでした。

しかし、こうした状況でもなお兄は「金に困っている」と母親に泣きつき、ときには香川さんの仕事帰りを待ち伏せるといった困った行動に出るのでした。

母親は兄を突き離せず、自分の年金や預金を切り崩して渡しているようです。そのため、いつまでたっても兄の行動に改善の余地が見られません。そして先日、「職場の最寄り駅でお兄さんを見かけたような気がする」という妻の言葉を聞いて戦慄し、なんとか対処しなければと、筆者の事務所に訪れたということでした。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中