日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第57回】

2021/03/03


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第57回】

◆自分にも遺産を分けろ!養子に出され疎遠となった末弟の反撃

◇父の財産すべてを承継した兄が病に倒れ・・・
今回の相談者は50代の会社員、中井弘樹さんです。定年退職後すぐに病気で亡くなったひとり身の兄、孝雄さんの相続の件でお見えになりました。

中井家のきょうだい構成は、数か月前に60代で亡くなった長男の孝雄さん、数年前に病没した長女の由香里さん、今回の相談者で次男の弘樹さん、三男の明さんの4人きょうだいです。じつは末弟の明さんは、生まれてすぐ遠縁の親族の養子となり、一緒に暮らした経験も、その後成長してから会ったこともなく、他人も同然の関係とのことです。

長男の孝雄さんは大学卒業後、20代後半で結婚しました。ところが孝雄さんの結婚からわずか数年後、まだ50代後半だった父親が不治の病に侵されていることが判明しました。中井さんの父親は、長男の孝雄さんが跡継ぎであるということから、不動産のすべてを相続させるよう家族に申し渡し、きょうだい全員が同意したそうです。

しかし、亡父から跡継ぎといわれた孝雄さんの家庭はなかなかお子さんに恵まれず、それが原因で孝雄さんの母親と折り合いが悪くなった妻は離婚。その数年後、母親も病没しました。妻と離婚した孝雄さんはその後、ずっと独り身で生活していました。そして大変残念なことに、定年退職してすぐ病気が発覚し、亡くなったとのことでした。

孝雄さんの財産は主に、父親から相続した不動産です。公道と公道の間に位置する、整った長方形の土地で、面積は約650坪、評価は数億円程度です。その中に自宅のほか、貸家、アパートが建ち並び、反対側はズラリと駐車場になっています。住宅と駐車場の間には少し空き地があり、畑として利用していました。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中