日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第62回】

2021/03/19


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第62回】

◆強欲な妹にウンザリ・・・兄夫婦と老母が密かに進めた相続対策

◇父の相続で妹が大暴れ、自分亡き後の妻が心配・・・
今回の相談者は、50代の男性の大久保さんです。自分の亡きあとの財産をすべて妻に遺せるようにするため、アドバイスがほしいとのことでした。

大久保さんは商社勤務で、若いときから日本国内はもとより、海外など複数の国や地域を飛び回ってきました。数年前に東京本社に呼び戻され、いまに至ります。東京本社勤務をきっかけに、実生活では都内にある実家で両親と同居を開始。30代で社内結婚した妻は専業主婦として、大久保さんの身の回りのことだけでなく、両親の世話も引き受けてくれました。数年前に父親は他界し、現在は母親と3人暮らしです。

じつは大久保家には気がかりな問題がありました。大久保さんの妹のことです。妹は両親の反対を押し切って結婚したものの、子どもができてすぐに離婚。その後、実家近くの賃貸マンションに引っ越してきましたが、仕事を理由に子どもは母親に預けっぱなしの状態で、ろくに面倒も見ていません。若いときからお金遣いも荒く、常に大久保家のトラブルメーカーでした。

大久保さんの父親が亡くなったとき、遺言書はありませんでした。そのため、母親、大久保さん、妹の3人で分割協議をしましたが、妹は子育てが大変だからと多額の預貯金の相続を主張するだけでなく、住んでもいない実家の権利をほしがって譲らず、結果、実家の土地は母親と大久保さんと妹の共有名義となっています。

大久保さんと妻の間には子どもがいません。現在のところ目に見える問題は発生していませんが、将来母親を見送ったあと、対策を立てないまま大久保さんが亡くなれば、大久保さんの財産は妻だけでなく、妹にも相続権が発生することになり、揉めるのは目に見えています。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中