日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第76回】

2021/05/26


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第76回】

◆子のない妻、義姉の「いずれはうちの財産だから」発言に驚愕

◇コロナ禍で考えた「子のない夫婦の財産の行方」
今回のご相談者は、50歳の会社経営者の永井さんです。永井さんは大学卒業後、大手商社に就職しましたが、その後起業しました。経営はうまくいき、ある程度会社が大きくなったところで売却し、そこで得たお金でまた新しく会社を興したそうです。こちらも順調に業績を伸ばし、資産も順調に積み上がっているといいます。

永井さんは30代後半になってから、7歳年上の妻と趣味を通じて知り合い、意気投合。すぐに結婚しました。妻は美術大学を卒業後、制作会社で管理職をしていましたが、ハードワークだったため、結婚を機に退職。その後はフリーランスのグラフィックデザイナーとして働いています。もともと技術が高かったこともあり、会社員時代の伝手でいまは多くのクライアントを抱えています。

子どもがいない永井さん夫婦は、お互いのキャリアを尊重しながら生活しています。また、永井さんの妻は資産家の出身で、独身の弟がひとりいます。妻の両親は数年前に他界しており、都内の一等地にある自宅は妻の名義です。永井さんは独身時代に購入したマンションのほか、会社経営で得た収益で複数のマンションやアパートなどを購入し、賃貸収入を得ています。

2人ともそこまで倹約家ではないとのことですが、築き上げた資産はかなりものです。

50歳になった永井さんは昨年からのコロナの影響もあり、いつどのようなことがあるかわからないと不安を覚え、先々のことをきちんとしておきたいと考えたとのことでした。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中