日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第89回】

2021/08/25


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第89回】

◆子のない叔父の逝去・・・「これからもお願いね」泣き崩れた叔母が甥姪を調停に呼びつけた理由

◇子のない叔父夫婦と、円満な関係だった甥姪たち

今回の相談者は、50代の専業主婦の福田さんです。親しく交流していた父方の叔父が亡くなり、配偶者である叔母とトラブルになっているということでした。

福田さんの父方の家系は、土地持ちの資産家で、福田さんの亡き父親は長男でした。福田さんは3人きょうだいの末っ子で、上に兄が2人います。亡くなった叔父は、福田さんの父親のいちばん下の弟で、福田さんの長兄と20歳も年齢が離れていないことから、叔父というより兄のような存在として、福田さんのきょうだいと親しく交流してきたといいます。

亡くなった叔父には子どもがいませんでした。そのため福田さんきょうだいは、叔父夫婦から「頼りにしているから」と、ずっといわれていました。

亡くなった叔父は遺言書を残していませんでした。そのため、配偶者である叔母だけでなく、叔父のきょうだいも相続人となります。福田さんの父親は亡くなっているため、福田さんと2人の兄が代襲相続人です。福田さんの父親のきょうだいは、亡くなった叔父のほかに叔母が2人いますが、叔母たちは、「私たちは離れた場所に嫁いだから」といって相続放棄する意向です。

叔父の生前、叔父夫婦と福田さんと2人の兄といっしょに過ごしているとき、叔父は自分亡きあとについて、改まって話をしたことがあります。

叔父は、自分が亡くなったあとも妻を気にかけてほしいこと、妻が亡くなったら、いま暮らしている家のほか、不動産はすべて福田家の血縁に戻したいと考えていることを話しました。そして、それには叔母も同意しました。この話は福田さんきょうだいが叔父のところへ訪れたときに、たびたび繰り返されており、みんなの共通認識となっていると理解していました。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中