日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第93回】

2021/09/29


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第93回】

◆子のない夫婦・・・「妻に自分の財産を相続させたくない」夫の本音

◇経営者の父が残した、価値ある不動産と高額な金融資産

今回のご相談者は、40代会社員の柏原さんです。昨年、柏原さんの父親が亡くなり、かなりの財産を相続しましたが、相続した財産の今後について、頭を悩ませているとのことでした。

柏原さんの父親はもともと地主の出身でしたが、ビジネスへの意欲が高い人で、複数の会社経営を成功させて多額の資産を築いたそうです。お見合い結婚だったという柏原さんの母親とは非常に仲がよかったそうですが、3年前に母親が病気で亡くなってから、父親は急に弱り、そのまま入院先の病院で亡くなってしまったそうです。

父親は、70代前半で会社をすべて売却しました。遺産は会社の売却で得た億単位の現金のほか、自宅、複数の収益物件、株、投資信託等でした。父親も現役のころから相続のことを気にかけていて、生前に遺産分割の方法を考え、納税資金の確保などもすべてめどが立っていたそうです。

「父は経営者でしたので、お金のことは抜かりなくやってくれました。本当に助かりました。僕は弟と2人兄弟ですが、いずれも母に似たのでしょうか、父のようなアグレッシブなタイプではありません。僕は一般企業の研究職に就いていまして、弟は大学の教員です」

柏原さんの相続した財産は、現金、株、投資信託、駅前の駐車場、そして亡き両親が暮らしていた実家です。現在は職場近くの賃貸で暮らしていますが、仏壇のある実家をしばしば訪れては、庭木の手入れをしたり、近隣に暮らす弟家族と集まって食事をするなど、くつろぎの場として活用しています。

「近いうち、賃貸を出て両親が残した自宅に移る予定です。僕も妻も、20分程度通勤時間が長くなりますが、残業もあまりありませんし、まあ問題ないかなと。ただ、気がかりなのは、僕が死んだ後の不動産のことなんです」 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中