日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

【相続相談コラム】駐車場が持ち出し!父親の建てた平屋に住んでいるが

2019/12/20


【相続相談コラム】駐車場が持ち出し!父親の建てた平屋に住んでいるが

●子供にどのように相続させるか?

ハウスメーカー主催のセミナーに参加されたTさん(70代・女性)は、あらためて相談したいと、ご夫婦で来られました。Tさんは父親から相続した家に住み、敷地内のアパート、駐車場の経営をされています。敷地は200坪以上あり、ゆったりとした使い方をされています。
Tさんのご主人は別の県で家を持っていましたが、Tさんが父親の介護が必要になり、アパート、駐車場の管理も考えて、自宅を売って、転居されたということです。
Tさん夫婦の子供は3人。長男家族は別の県に家を買って住んでおり、次男が敷地内のアパートの一室に家族で住んでいます。下の長女は独身で、海外で仕事をしています。
そうした三人にどのように不動産などの財産を相続させればいいのか、いまからめどをつけておきたいということが相談の内容でした。

●不動産は三つあるがバランスが悪い

Tさんの財産は、1億2000万円、預貯金等が6000万円で合計1億8000万円。夫よりも長生きだとすると相続人は子供3人で、相続税が930万円と試算されました。不動産の使い方は、自宅、アパート、駐車場の3つに分かれているのですが、現在の使い方のまま3つに分けるにはバランスが悪い利用形態です。
自宅は築10年の平屋で父親が老後を過ごすために建てたもので、Tさん夫婦が快適に住める間取りではないため、不満があるといいます。
アパートは築30年で木造ですので、老朽化が目立ちます。一番土地が狭い駐車場が、固定資産税が高く、もう持ち出し状態です。
こうした課題を解消し、相続で困らないようにしたいというのがTさんご夫婦の希望だということです。

●不動産では無理がある

この敷地を3つに分けるには地形的に無理があります。土地が大きな財産であるため、分けにくいといって、1人が相続するのも偏りますので、無理があります。
提案したのは、土地は長男、次男の2人に分けることを想定し、海外にいる長女には現金を残すことでバランスを取ることです。
次に、現状のままでは、アパートが維持しにくくなり、駐車場も持ち出しですので、敷地を2つに分けて活用する計画を作り、まずはアパートの建てかえをする、次に自宅と駐車場を合わせた活用をするというものです。

●介護の役割を終えた

また、Tさん夫婦は、以前に生活していた所に戻って生活したいという希望があるなら、転居し、現在の自宅は賃貸住宅に建て替えることがいいとアドバイスしました。
父親の介護の役割を終えたわけなので、住みたいところに転居するほうが充実した生活になり、相続対策もできることになります。
Tさんご夫婦は、具体的に進めるために前向きに考えたいと帰られました。考え方の整理ができてよかったと、すっきりされたようです。

●相続実務士のアドバイス

財産を活用して心豊かな生活をすることが本来の在り方だと言えます。
すぐに相続にはならないので、対策ありきではなく、自分たちの快適生活ありきで決断されてよい時代です。

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中