日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

相続実例コラム【現金贈与】二人の子供に現金を公平に贈与した清水さん

2020/03/18


相続実例コラム【現金贈与】二人の子供に現金を公平に贈与した清水さん

●財産とご家族の状況

●依頼者 清水さん(女性40代)・職業 主婦
●被相続人 母(予定)
●相続人  長女、次女(本人)
●財産の内容 自宅不動産、貸店舗(共有)、預貯金、有価証券

●状況

◇貸店舗を共有
清水さんは母と姉と自分の3人で3分の1ずつ貸店舗を共有しています。母の兄で独身を通した叔父が所有していたもので、亡くなったときに遺言で遺贈を受けたものです。
その店舗は観光地にあり、駅からも至近で立地がよく、家賃収入は3人で分けています。今のところは大きな問題はないのですが、清水さんには気になっていることがあります。

●課題

◇母に万一のことがあったら・・・
清水さんが心配しているのは、現在は母がいてバランスが取れていますが、姉と2人になったときには共同で運営していくことがストレスになるのではということです。姉は勝ち気で何でも仕切るタイプで、何か話し合いをしてもすぐに感情的になり、おっとり型の清水さんとは波長が合わないところがあるからです。現在の賃貸事業は、契約事や修繕の発注などはすべて姉が担当してくれています。清水さんとすれば助かることではありますが、姉には何事もしてあげているという発言があり、落ち着かない気持ちであるのが本音ということです。また、貸店舗は木造の2階家で老朽化しており、今後の修繕費や維持費を考えると課題が大きいことを不安に感じています。

●解決へのアドバイス

◇共有を解消する
賃貸物件を姉妹で共有することは、経営上のトラブルだけでなく、将来の相続の問題もあるため、課題が多いと言えます。
そこで、この機会に共有を解消されることを提案しました。具体的な方法は、共有者が買い取る方法や全体で第三者に売却する方法などいくつか考えられますが、本来は共有者全員の合意のもとに進めなければなりません。
しかし、姉は売ることも買い取ることも反対の様子。そこで、母親に清水さんの持分を買い取ってもらうことを提案しました。

◇節税対策をしておく
母親が清水さんの持分を買い取るということは、現金が不動産に代わるわけですから、財産の評価が下がり、節税になります。これで相続税の申告も不要な範囲にもなりました。また、清水さんは不安のある共有から解放され、現金を得ることができました。相続をしてから3年半しか経過していませんが、遺贈によって取得した財産なので、売却した際に係る税金も安く済みました。
さらに母親はこの機会に2人の娘に同額の現金を贈与することにされました。相続時精算課税制度を利用しての贈与です。
2500万円までは特例を使うことで贈与税はかかりません。受ける側の負担がなく、すぐに娘たちが使えるようになるので、先延ばしにするよりもよかったということです。

●相続実務士のアドバイス

・現金で不動産を買い取れば節税になる
・姉妹の共有は避けた方が無難、できれば生前に解消する
・共有の解消は共有者間で売買する

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中