日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

信託銀行に頼まなくてもいい!これだけの理由(1)

2021/06/29


信託銀行に頼まなくてもいい!これだけの理由(1)

遺産整理業務は270万円。預金解約と目録作成では頼めないKさん

●相談者    Kさん(50代・女性)・職業 会社員
●被相続人 父親 不動産賃貸業80代
●相続人 3人 母親80代、長女Kさん(本人)、次女40代
●財産内容 自宅、貸宅地、駐車場、現金等

相続事情

Kさん(50代女性)の父親は信託銀行のOBです。定年後は再就職せずに、趣味の書に力を入れ、数多くの作品作りに取り組んでいました。3年前には、作品を集めて個展を開くことができ、多くの人から認めてもらえたことから、父親も家族もそれが自慢でした。
父親が亡くなったとき、信託銀行のOBの方や口座がある取引店の担当も葬儀に来ていましたので、ほどなく、相続手続きのご案内がありました。
父親には、先代から引き継いだ土地があり、預金などを合わせると、財産は約2億5000万円ほどになります。信託銀行から提示された報酬は、270万円でした。その他に税理士報酬がかかりますので、相続税の申告と遺産整理費用で400万円近くかかるということです。

これが課題

信託銀行の担当者は、父親の預金を集めて、財産の目録を作成してくれるといいます。しかし、父親は信託銀行のOBながら、遺言信託はしていません。そこで、あらためて遺産分割協議をしないといけないのです。
相続人は、母親と両親の隣地に住む妹の3人ですが、Kさんは嫁いで近県に住んでいます。母親は高齢のため、細かい実務は負担があり、妹はフルタイムで仕事をしているため、時間の余裕がありません。そこで、Kさんが何度も実家に通い、役所や金融機関の窓口に出向いて書類を取得するようになり、相続手続きも中心になって進めることになりました。
父親の土地は3ヶ所あり、自宅周りと駐車場です。この不動産をどう分けるか、二次対策をどうするかなど、相続人だけでは、どう決めていいのか、わかりません。
信託銀行に依頼するのであれば、そうしたアドバイスもしたもらえると思ったところ、信託銀行では、分割案や二次相続対策のアドバイスはしないので、相続人で相談して決めてもらいたいと言われたのです。

こんな結末になった

困ったKさんは書店で書籍を購入し、専門家に相談しました。やはり、分割案や二次対策の案が重要で、それにより、相続税も、将来も違ってくるとアドバイスをされ、相続の専門家に依頼することにしました。
土地の現地調査をしたところ、3ヶ所のうち、1ヶ所は広大地評価が適用できると判断、評価を下げることができました。また、分割案も3パターンの提案がありました。母親はまだ70代で節税対策の時間があることから、今回は、財産の70%を母親に寄せて、相続税の納税を減らし、二次相続までに不動産活用か組み替えをすることになりました。

この事例の教訓

・信託銀行は分割案や二次相続対策のアドバイスはしない
 →分割案を決めることが重要
・遺言信託がないと遺産分割協議をしないといけない
 →遺言は作成しておいたほうがよい

頼むなら、こんな専門家を探したい

・分割案の提案をしてくれること
・二次相続の対策の提案をしてくれる

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中