日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

【相続相談の達人コラム】調停で路線価評価は良心的。許し難い気持ちを捨て終わらせることも選択肢

2020/05/18


【相続相談の達人コラム】調停で路線価評価は良心的。許し難い気持ちを捨て終わらせることも選択肢

●遺言書で相続したのに遺留分請求された

Sさん(60代・男性)は、一昨年に母親が亡くなり、遺言書で財産を相続しました。
しかし、その後、姉妹3人から遺留分請求の調停を起こされて、家庭裁判所で4回の調停をしてきました。
姉妹は弁護士を依頼しており、先方の弁護士より遺留分の額を提示されています。次回に、Sさんがそれに対して回答をしなくてはならないのですが、その価格が妥当かどうか、アドバイスを受けたいとSさん夫婦が来られました。

●母親は全財産をSさんに

先に父が亡くなったときは、自筆の遺言書があり、すでに母親と共有名義に自宅は、父親名義を長男であるSさんが相続して、母親とSさんの共有となりました。
両親とSさん家族は同居して、Sさん夫婦が両親の面倒を見てきました。結婚して家を離れている姉と妹たちが積極的に手伝ってくれたことはありません。
そうした状況から、母親も遺言書を書いてくれて、母親の財産もSさんがすべてを相続したのです。

●父親のときには遺留分請求はされなかったのに

父親のときは、まだ母親が同居しているからなのか、財産の大部分の自宅をSさんが相続しても、姉妹から遺留分の請求はありませんでした。
ところが、今回の母親の相続で最後だからか、弁護士を入れて遺留分の請求がされたのです。
母親の財産は自宅の土地建物の半分1000万円と預金1000万円で、弁護士からは1人250万円の遺留分と提示されています。
Sさんの気持ちとすれば、ほとんど面倒を看なかった姉妹に払う額はもっと少なくしたいという心情だというのです。

●許しがたい気持ちを捨て、譲歩して終わらせる

しかし調停に持ち込めば不動産は「路線価」ではなく、「時価」が一般的です。不動産を「路線価」評価していることは価格を抑えていることになり、良心的だといえます。
よってSさんにアドバイスしたことは、多少のことであれば譲歩して、遺留分を払って、早く終わらせたほうが得策、だということです。ただし、払えるお金がない場合は、分割払いの条件を出すことも可能でしょう。
Sさんの気持ちは、遺留分を請求されたときから許しがたい気持ちになっていて少しでも減らしたいということばかりだったようです。
遺言書がなければ、自宅の名義を簡単にAさんにすることはできなかったと言えますので、母親に感謝し、姉妹にも気持ちよく遺留分を払うことで決着することをお勧めしました。
いつまでも拘っていると多少は減額できたとしても、相手を攻撃する感情が自分にも向かってきますので、相当なストレスを抱えることは間違いありません。
こうしたアドバイスを聞いて、Sさんは「ほんとうにすっきりした。早めに和解するようにします」と言って笑顔で帰られました。姉妹側の請求が良心的なこともわかり、納得されたようでした。

●相続実務士より

【できる対策】
・調停の不動産評価で「路線価」は良心的だと判断する
・許しがたい気持ちを捨てて譲歩して早く終わらせることも必要

【注意ポイント】
調停に関わるストレスは相当なもので、長引くほど体にダメージを受けます。争い事から早く離れることが大事

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中