日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

【コラム・遺言】自分の境遇から<子なし>自分たちで築いた財産は自分たちで相続したい坂本さん

2020/07/30


【コラム・遺言】自分の境遇から<子なし>自分たちで築いた財産は自分たちで相続したい坂本さん

●相続人関係図

遺言作成者 夫 坂本博さん 50代 大学教授
      妻 坂本洋子さん50代 コンサルタント
      推定相続人 兄弟姉妹

●家族と相続の状況

【同級生夫婦で、共稼ぎ、子供には恵まれなかった】
坂本さんは国立大学の大学院の修士課程で学び、博士号を取得しました。現在は私立大学の教授として毎日学生に接しています。学生だけでなく社会人教育にも力を注いでおりいろいろなセミナーで活躍するとともに、書籍も出版しています。
坂本さんご夫婦は高校の同級生で、知り合ってから40年近くなります。子供に恵まれなかったこともあり、互いに助け合って今の生活を築いてきました。
実家を離れて独立したあと、現在の住まいを購入し、その後、妻が仕事場にしているマンションも購入しましたが、両方とも夫婦の共有名義です。坂本さんの妻もファッション関係の仕事を持っており、ずっと仕事をしてきました。子供がいれば違った生活だったかもしれませんが、そのお陰で二カ所の不動産を買うことができたのです。
二人ともまだ50代ですが、そろそろ先のことも考えないといけない年代になりました。夫婦で築いた財産は、自分の意思できちんとしておきたいという気持ちになり、ご夫婦で相談に来られました。坂本さん夫婦はともに長男、長女で、それぞれ弟、妹がいます。

●遺言を作る理由

【配偶者のきょうだいに財産を分けるのは理不尽と争いも避けたい】
坂本さん夫婦のように、子供がいない場合は、どちらかが亡くなったとき、相続の権利は、亡くなった人の親や兄弟姉妹も及びます。親から相続した財産であればまだわからなくもないのですが、二人で少しずつ築いた財産についても法律だからと言って助けてもらったわけでもない兄弟姉妹に相続させることは納得しがたい気持ちです。
自分の兄弟姉妹ならまだいいのですが、配偶者の兄弟姉妹となるとそもそも他人ですから、感情論にもなりかねません。それを避けたいのがふたりの本心です。
そこで坂本さん夫婦は、互いに「全財産を配偶者に相続させる」とした公正証書遺言を作成しました。これで相続になっても相手の弟妹に気を遣わなくてもよくなったとほっとしたとのこと。相手の弟妹と財産の話をすることは避けたいというところでしょう。

●遺言がないと困ること

・子供がいない夫婦の相続人は配偶者と親あるいは兄弟姉妹となる
・自分で築いた財産でも遺言がないと配偶者が全部を相続できない
・夫婦で築いた財産でも兄弟姉妹に明らかにして分与が必要になる

●相続実務士のアドバイス

子供のいない夫婦は遺言があれば兄弟姉妹と話し合うことなく相続の手続きができる。兄弟姉妹には遺留分の請求権がないので感情的なもめ事には発展しにくい。

●知って得する遺言のイロハ

子供のいない夫や妻は遺言を遺しておけば兄弟姉妹に財産の内容をしらせなくてもすむ

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中