日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

ニフティニュースで紹介されました。(ブレジデントオンラインより)

2020/03/17


近親者の「死後の手続き」をサボると罪に問われる

ニフティニュースで紹介されました。(ブレジデントオンラインより)


遺族にどんな手続きが待ち受けているのかを、図を参考にしながら見ていこう。
まず1つ目の面倒な手続きが、近親者が亡くなったら、
すぐに医師にその事実を証明する「死亡診断書」を書いてもらい、
「死亡届」と一緒に、亡くなってから7日以内に市区町村役所に提出することだ。
「その際、死亡診断書のコピーを5~10枚とっておくことです」と、
相続実務士の曽根恵子さんはいう。死亡診断書は1通しかもらえないのだが、
年金受給停止や葬祭費支給申請などの手続きにも、死亡診断書が必要になるからだ。

続きはコチラから

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください。

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中