日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続ブログ

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

幻冬舎ゴールドオンラインに紹介されました 【第56回】

2021/03/01


 

[連載]相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例 【第56回】

◆独居の父が死亡・・・先妻の長男が困り果てた、「遺言書の一文」

◇90代で大往生の父が残した、不動産と預貯金
今回の相談者は、70代の佐野さんです。90歳を超えた父親が亡くなったことで遺産相続が発生しましたが、遺産の分割と相続税の支払いに不安があるということでした。

佐野さんの父親は、数十年前に先妻を亡くし、再婚をしましたが、その後妻も10年以上前に亡くなりました。父親と先妻との間には、長男である佐野さん、2人の妹である長女と次女、その下に次男となる弟の4人がいます。父親と後妻との間には長男がひとりいます。

佐野さんの父親は後妻を亡くして以降、90歳を過ぎて天寿をまっとうするまで、ずっとひとり暮らしでした。とはいえ、先妻との間の長男である佐野さん家族がすぐ近くに住み、食事の世話や病院の送迎といった、日頃のこまごまとした面倒を見てきたということです。

母親違いの弟を含め、きょうだいたちはみんな普段から行き来があって仲がよく、関係に問題はありません。また、父親は生前から子どもたちそれぞれに現金や土地を贈与しており、それをもって財産分与とする旨を話していました。それについては全員が納得・了解していました。

父親が亡くなったときの財産は、父親が住んでいた土地、建物、父親と共有名義である佐野さんが住む自宅の土地、他県に所有する広めの土地、預金でした。 続きはコチラから

 

 

お問い合わせはこちら
お問い合わせ

 

 

↓他にも多数取材協力・TV出演をしています↓
メディア出演

 

弊社では様々なプランをご用意しております。

 

 

↓参加費無料のセミナーも毎月開催しておりますので、是非お気軽にご参加ください!

 

メールアドレスをご登録された方に、実例を掲載したメールマガジンをお送りしています。
是非ご登録ください。↓↓

 

 

相続のご相談は 夢相続

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中