日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

【コラム・生前】預金1億円!父親の現金を不動産にして節税できた橋本さん

2020/10/27


【コラム・生前】預金1億円!父親の現金を不動産にして節税できた橋本さん

●財産とご家族の状況

●依頼者 橋本さん(女性・50才代)・職業 主婦
●家族関係  被相続人 父(予定) 長女(本人)計一人予定
●財産の内容 自宅不動産、貸店舗、アパート、金融資産

●状況

橋本さん(女性・50才代)は一人娘ですが、嫁いで親元を離れて生活しています。10年ほど前に母親が先に亡くなり、現在は父親が一人暮らしをしています。父親は一人暮らしにも慣れ、元気に暮らしているにで、今のところ不安はありませんがもう90代という高齢なので、相続のことも考えておかないと急なことがあったときに困ると相談に来られました。

●課題

橋本さんの父親はもと公務員で定年まで勤務して退職金や年金を受け取っています。実家は祖父から相続していますので、生活には困らないとは思っていましたが、今回初めて父親の財産を聞いてみると、賃貸業が成功したことと、金融資産を上手く運用した結果として金融資産が一億円近くあることを聞かされました。想像以上で橋本さんは正直驚いたとのこと。 もちろん金融資産が多いのはありがたいのですが、何もしないで父親の相続を迎えると、相続税でほとんどの残らないのではないかと不安になっていました。橋本さん自身は金融資産の運用に興味がないので、金融資産を相続しても父親のように運用できないのではと考えています。

●生前対策の提案と見込める効果

◇節税のため現金を不動産に
そこで今からできる節税対策として提案したのは、金融資産の一部を立地の良い賃貸不動産を購入して資産の組換えを提案しました。
例えば分譲マンションの1部屋を購入すると金融資産が不動産に変わりますが、不動産の評価は購入価格ではなく、土地の路線価評価と建物の固定資産評価額の合計額が評価になります。大抵は購入額の半分以下となる場合が多く、評価額が下がった分だけ節税になります。

◇賃貸してさらに節税する
不動産を購入しただけで評価額が下がるため、一つの目的である相続税の節税は達成できています。さらにその不動産を賃貸すると、土地、建物ともに貸家建付地として評価することでさらに評価額が下がります。
橋本さんは実家でアパートを所有していたこともあり、賃貸経営に悪い印象はなく金融資産を運用することに比べても抵抗もありませんでした。節税が見込めるならと不動産を購入して賃貸することを決めました。
そこでオフィス街や繁華街にも近く規模の大きい分譲マンションを紹介しました。大手の分譲会社で販売した物件ですから安心感もあります。分譲マンション仕様ですから、賃貸マンションよりもグレードも高く管理会社もしっかりしています。橋本さんは気にいり父親に説明して購入しました。
賃借人も見つかり、予定通りに家賃収入る上に節税効果も得られます。最終的に相続税も当初の試算の半分程度となり、橋本さんは少しほっとされました。父親の金融資産は減りましたが、家賃収入と年金収入で生活できることと、他にまとまった支出もないため、なんら不安はないとのことです。

●相続実務士から ここがポイント

・現金で不動産を購入すると相続評価が下がり短期間で実行でき節税になる
・購入不動産を賃貸すれば貸家建付地評価になりさらに節税になる
・賃貸不動産は優位性のある物件を購入することで安定収入になる

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中