日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

【感情面の対策】もめたら絶縁。それは避けたい。

2021/01/25


【感情面の対策】もめたら絶縁。それは避けたい。

遺言書を作るときに配慮したいこと こっそり作らない

中には、すでに、親子、きょうだいで争いをかかえていたり、不和な関係にあり、いまさら修復できないということもあるでしょう。もう何年も会っていない、話をしていないという声も聞きます。特別な理由がなく行き来がないとこともあれば、ある明確なきっかけにより疎遠になった場合もあるようです。

とくに明確なきっかけがあった場合や、意図的に距離を置いている場合においては、相続になったからといって関係が円満になることは期待できません。そうした場合こそ、相続の用意は絶対に必要となります。円満な話し合いが期待できないのであれば、遺言書を用意し、今以上に深刻なもめ事を誘発しないような防止策としなければなりません。

このような状況にあっても遺言書が残されていないことはよくあることで、想定した通りに相続人間で争いになっているのです。

遺言書を作るときのポイント

・こっそり作らない
 相続人に知らせておくことが大切

・遺産分割は公平にするのが無難
 遺留分には配慮しておく

・公平な遺産分割にならないときは理由を明記する
 付言事項を活用し理由や意思を書いておく

・財産のことだけでなく、感謝や気持ちも残す
 意思を残すことは最良の説得材料で価値がある 

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中