日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

【相続実例コラム】相続時の節税効果を知り、生前贈与を思いとどまった須永さん

2020/08/21


【相続実例コラム】相続時の節税効果を知り、生前贈与を思いとどまった須永さん

●相続データ

○被相続人 父(80代)
○相続人 3人(長女50代、次女50代、三女・相談者・40代)
○財産の構成 (自宅)

●相談の内容

須永さんは、3姉妹。とても仲が良く、父親は、今のところ健康ですが、年齢のこともあり、皆、父親のことをとても心配しています。長女は、数年前から実家に戻り、父と一緒に住んで、父の世話をしています。その頃から、姉妹の間で、父が亡くなったら、実家をどうするか、相続はどうしたらよいかについての話が出るようになりました。相続について、漠然と分かっていますが、いざ、相続になったとき、どのくらいの費用を支払わなくてはならないかが分かりません。また、父親の意思能力がはっきりしているうちに、贈与してもらうことも選択肢にありますが、どちらが節税になるのかも分からず、今回、当社へ相談にみえました。

●相続の課題

須永さんは、「3姉妹は、とても仲が良いため、不動産のことで仲が悪くなるのは嫌」という思いを持っています。そのために、相談に来るまでは、いずれの時期にせよ、不動産を父親から受け継ぐ際は、名義を3人にしようと考えていました。しかし、共有名義である不動産は、売却の際に全員の同意が必要なため、処分が難しくなり、おすすめできません。3姉妹は、全員子どもがいませんので、誰かが亡くなれば、姉妹の配偶者などの血縁以外の人が法定相続人に加わる可能性があり、協力的でない人が1人でもいると売却ができなくなります。
須永さんは、父親が元気なうちに、姉妹の名義にする以外に、他人に売却することも考えていました。どちらにせよ、父親が存命の間は、実家に住んでもらいたいというのが彼女たちの意向でした。 しかし、自分たちの名義に移した場合はともかく、血縁関係のない、あかの他人が、父親をそのまま住まわせることは、ほとんどないと言ってよいでしょう。また、父親が住んでいると、収益物件扱いになるので、買い手が限定されます。買い手は投資家のみになるので、売りに出しても、申し込み・成約の確率は下がります。

●運命の分岐点・ここがポイント

須永さんは、父が元気なうちに、不動産を売却し、金融財産を3姉妹で平等に分ける方法、つまり、生前贈与を受けたいのだと、話しているうちに分かってきました。父の目の前で財産を分けることが、3姉妹と父親が納得し、もめごとが起こらないということを信じているようです。
しかし、私たちは、相続が発生するまで、財産を分けないで置くことをアドバイスしました。贈与と相続を比べた場合、下記のように相続のほうが節税になるからです。相続と贈与にかかる諸費用を比べてみると、相続のほうがかからないのです。

         相続     贈与
■登録免許税   0.4%   2%
■不動産取得税  非課税    建物3%、宅地評価の土地1.5%

須永さんの場合、相続税に関しては、相続財産が基礎控除の範囲内(3,000万円+600万円×3人=4,800万円)で収まるので、非課税になりますが、贈与税は20%かかり、支払いが発生します。また、名義替えの手続きに関しては、贈与の場合は相続よりも高額な費用がかかります。
名義の件に関しては、相続が発生したら、すべて長女が所有権を取得することをおすすめしました。須永さんのケースでは、単独で自宅を相続すると、1人分の非課税枠を超えてしまうことが分かりました。しかし、長女だけは父親と同居していたために、「小規模宅地の特例」が使え、宅地が80%評価減となります。これを利用して、長女が全て相続し、売却するときは、売却益を平等に3姉妹で分けることを提案しました。相続はまだ発生していないので、このことを実行するのはいつになるか分かりません。そのために、父親によってこのことを遺言にしておくようにします。

●相続実務士の視点

「相続相談」というと、相続税の節税だけに注目しがちですが、ほかの要素も考慮しなくては、相談者にとって、本当に良いコンサルティングだとは言えません。今回のケースのように、贈与したときと比べる、単独名義と共有名義を比べるなど、あらゆる可能性を考えたうえで、その人にとって一番よい選択肢を提示してあげられることは、専門領域だけを取り扱う士業の業務とは一線を画します。また、現時点ですべきことはもちろんですが、10年先、20年先を見据えたアクションができるようにしてあげるよう、かじ取りをしてあげるのも実務士の仕事だと思います。

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

吉井 まゆみ
相続実務士、宅地建物取引士、AFP、2級ファイナンシャルプランニング・技能士
・誕生日:5月2日
・出身地:群馬県藤岡市
・趣味:ゴルフ、茶道
お客様の人生に寄り添った相談業務ができるよう、日々努力しております。 賃貸、売買、用地仕入れと、ひと通りの不動産業務を経験してきました。 土地や建物でお悩みのかた、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中