日本で唯一の相続対策実務専門会社
電話
メニュー
トップページ
夢相続の強み
コーディネーター
プラン
事例
無料相談

トピック

夢相続コラム

弊社の活動内容や日々のできごと、お知らせなどをお伝えします

【相続実例コラム】苦労して貯めた現金が原因で、1億2,000万円にものぼる納税額に。不動産控除を使い1億円の節税が実現

2020/08/26


【相続実例コラム】苦労して貯めた現金が原因で、1億2,000万円にものぼる納税額に。不動産控除を使い1億円の節税が実現

石井静江さんは84歳。10年前に店を畳んでしまいましたが、地元では有名な呉服屋を経営していました。早くに夫を亡くした静江さんは、仕事一筋。真面目に働いてコツコツと貯金をしてきました。商売人らしく、世の中の動きを読むことも得意で、「株」を購入し、増やすこともしていました。店の隣には「畑をやりたいから」と、土地を購入。毎シーズン野菜を収穫しては、喜んでいたそうです。
財産の蓄えができた静江さんは、跡取りがいないため、自分が亡くなった後のことが気がかりになり、養子縁組をしようと考えました。弟である進さん、進さんの長男である章さんが養子になることで話がまとまりました。しばらくしてから、静江さんは意思判断能力が衰えはじめ、現在は特別養護老人ホーム入所しています。施設の人から「成年後見人」をつけたほうがいいのでは、と言われ、相続を意識し始めた進さんが、当社へ相談にみえました。

●何もしないと相続税額は1億円以上

静江さんの遺産総額を計算したところ、約4億1,000万円もありました。法定相続人は2名のため、4,200万円。課税遺産総額は約3億6,700万となり、相続税は約1億2,000万円にもなります。これには、進さんたちもびっくり。財産の3割もお金を納税するのは、たいへんもったいないことです。

●金融財産を減らすことで節税が可能に

実務士が目を付けたのは金融財産です。静江さんの財産の大半は、金融資産です。金融資産を3億7,000万円持っていたなら、相続税の評価額も額面通りです。いっぽう、日本の不動産の場合は、評価額を下げることができる「特例措置」が定められていて、要件を満たせば節税が可能になり、一般的に3割くらいに減らせるのです。このことを利用し、手持ちの金融資産で不動産を購入することをおすすめしました。
購入物件は、収益用のアパートか区分マンションがよいでしょう。収益が見込めますし、土地が「貸家建付地」の扱いになり、評価額を下げることができます。場所は東京都内や大阪府などの人口の下落率が少ないエリアが理想です。
「現在空き地を所有しているので、そこにアパートを建ててもよいのでは」と、進さんから質問がありました。確かに、「貸家建付地」の評価減は実現しますが、残念ながら、この場所は、アパート向けではない場所に位置するので、空室リスクが懸念されます。

●資産の組み換えは本人の意思判断能力がしっかりしているうちに

注意しなくてはならないのは、成年後見人が選任される前に、静江さんが、上記のような売却行為を行わないと、売却や購入行為の手続きに時間がかかる、行為そのものができなくなる、ということです。静江さんに成年後見人がついてしまうと、静江さんの意思だけでは不動産の売却ができなくなってしまうため早めに結論を出すことが大切です。
また、「民事信託をしておいたらどうか」と、進さんから相談を受けましたが、関係者全員で話し合いをする、信託口(専用の銀行口座のこと)を設定する、など信託を設定完了するまでの時間が長くかかるのが一般的です。このプロセスの中で、静江さんの意思判断能力がなくなってしまうことが懸念されるために、今回、民事信託はおすすめしませんでした。
進さん親子は、来社最初、養子縁組をしたことで、節税対策は完璧だと最初は思っていたようです。「相続はいろいろな要素が絡み合って難しいですね。専門家に相談して、公平な意見をいただきよかったです」と笑顔でお帰りになりました。

●家族構成

石井静江さん・・・88歳
石井 進さん(相談者・静江様実弟…77歳)
石井 章さん(相談者長男・47歳)

●財産構成

※相続対策前
自宅土地の評価額 0万円(土地は借りている)
自宅建物の評価額 163万円(持ち分2分の1。残りは進さん)
畑・自用地評価  3,054万円 3憶7,000万円
生命保険 700万円
金融資産(現預金・有価証券・国債・投資信託)
40,217万円
相続税概算額
12,039万円

※相続対策後
自宅の土地 0万円
自宅の建物 163万円
自用地評価(駐車場・更地) 3,054万円
金融資産(現預金・有価証券・国債・投資信託) 0万円
生命保険 700万円
収益物件 11,100万円
相続税評価額
4,317万円
相続税概算額
1,967万円

弊社では様々なプランをご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

コラム執筆

吉井 まゆみ
相続実務士、宅地建物取引士、AFP、2級ファイナンシャルプランニング・技能士
・誕生日:5月2日
・出身地:群馬県藤岡市
・趣味:ゴルフ、茶道
お客様の人生に寄り添った相談業務ができるよう、日々努力しております。
賃貸、売買、用地仕入れと、ひと通りの不動産業務を経験してきました。女性ならではの感覚で、行き届いたコンサルティングを心掛けています。
土地や建物でお悩みのかた、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問
夢相続カウンセリング

曽根恵子をはじめとする3人の相続コーディネーターが1時間をかけて問題を整理します。

電話またはお問い合わせフォームより、お気軽にご相談・お問い合わせください

無料相談受付中